端午の節句

イベント

五月人形のガラスケースがカビてたり紐がとれてる時の修理は自分でする?それとも、プロに?

こどもの日は端午の節句で男の子のイベントなので、しっかりと、五月人形を飾りたいものです。でも、年に一度の行事なので、一年ぶりに箱から出したら、ガラスケースにカビが生えてたり、紐が取れてるなんてこともありますよね。そんな時、どうします?自分で修理しちゃいます?それとも、プロに任せます?と、そこんところをまとめておきます。
イベント

五月人形の兜を引き継ぐのはあり?飾る意味は?供養して処分すべき?

こどもの日、端午の節句に欠かせないのが五月人形。五月人形と言っても、色々とあって、兜、鎧、鯉のぼり、金太郎、神武天皇という具合に様々なものがあります。その中でも、兜が手頃感もあり、一般的です。その兜を代々、引き継ぐのは許されるのか?そもそもの兜を飾る意味って何なの?処分したい時は供養すべきなの?なんていう日本の伝統の神秘を確認してみることにしました。
イベント

鯉のぼりは雨の日や夜はしまうもの?しまい方はこんなに簡単!コレで解決!

5月5日の端午の節句が近づいてくると、鯉のぼりを目にすることが増えてきます。子供の日には五月人形とともに鯉のぼりは必需品。その鯉のぼり、雨の日や夜には、しまうものなのか?と思ったりしまうよね。そこで、そこんところ、しまい方も含め、まとめておきます。
イベント

五月人形と鯉のぼりはどっちも飾る?飾る意味は?いつまで飾るのが正解?

端午の節句は男の子のための大切な日!なので、五月人形も鯉のぼりも、どっちも飾らなければ!と、気合を入れつつも、本当に飾るの?と、疑問もあると思います。そこで、飾る意味に加え、いつまで飾るのか?などについても、まとめておきます!ご参考にどうぞ!
イベント

五月人形は母方父方どちらが用意するの?母方が購入するのが正解!?

5月5日は「こどもの日」。端午の節句で男の子日!初節句は親も祖父母も、ある意味、悩ましい時期でもあります。長男の初節句だと、五月人形は、どうするんだ?と、誰もが心配。日本の伝統では祖父母が準備してくれる?ということになってますが、母方父方、どちらが購入するのが正解?なんてことがよくわからないので、まとめておきました!
タイトルとURLをコピーしました