焼き芋をレンジで簡単に!アルミホイルの使い方やグッズをご紹介

スポンサードリンク

 

秋の味覚といえば「焼き芋

よくテレビなどで
庭先で枯葉を集めて
焼き芋を作っている光景を
見かけたりしますが、
近年の家庭では
なかなか難しい調理方法です。

ですが、
毎日、
使っていると言っても過言ではない
家電製品で簡単に
焼き芋を
作れることをご存知でしょうか?

それはレンジです。

レンジと
家庭にあるちょっとした物を使って
とても簡単に!
焼き芋を作ることができるのです。

そこで、
レンジなどで
焼き芋を作る方法をご紹介します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

焼き芋をレンジで簡単に作ろう!

 

 

 

まず、
レンジ焼き芋簡単
作るために、
用意する物はこちらです。

さつまいも
レンジ対応キッチンペーパー

続いては、
レンジで
焼き芋を作る方法をご紹介します。

まず、
美味しい焼き芋を作るために
大切なことは
低温でじわじわ長時間焼く
ということです。

なので、
レンジの温度をいつもより少し低めに
設定して調理をしていきましょう。

 

焼き芋の作り方

  • ①さつまいもをよく洗い、
    土や汚れを落とす
  • ②キッチンペーパーで包む
  • ③キッチンペーパーに水をかける
  • ④余分な水を切る
  • ⑤高温(約600W)で3分加熱
  • ⑥低温モード(約100〜200W)で10分加熱

 

焼けたかどうか分からない時は、
細い串などをさつまいもに刺して
スッと通れば、
焼けているという目安になります。

 

 

スポンサードリンク

 

焼き芋をレンジとアルミホイルで作れる!

 

続いては
焼き芋
レンジのオーブン機能を使って
アルミホイルで作るという調理方法です。

オーブンの場合は
新聞紙に加えて、
アルミホイルも使って調理していきます。

オーブンでの作り方

  • ①さつまいもをよく洗う
  • ②濡らした新聞紙や
    キッチンペーパーでさつまいもを包む
  • ③その上からアルミホイルを巻く
  • ④オーブンを160℃に設定し、
    90〜120分焼く(余熱無し)
  • ⑤焼けたあと30分ほど放置
  • ⑥串を刺してスッと通れば完成

なぜ、アルミホイルを使うかというと、
じっくり低温で焼くことができて
さつまいもの中心まで
しっかり熱を通す必要があるからです。

そして、
30分放置する時間がありますが、
これをすることで
さつまいもがしっとり柔らかくなり
甘さもアップするので是非試してみましょう。

 

 

焼き芋をレンジで作るグッズを紹介

 

焼き芋
レンジで作るのに便利なグッズ

そうなんです!

新聞紙やアルミホイル以外で
レンジで
焼き芋を作るグッズがあります。

一般的に
焼き芋鍋」と呼ばれるものです。

これは、
非常に簡単手軽に
焼き芋が作れるオススメのアイテムです。

焼き芋鍋での作り方

  • さつまいもを洗って水を切る
  • フォークでさつまいも
    ぶすぶすと刺して数カ所に穴を開ける
  • セラミックボールを
    敷いた本体(鍋)の中に
    さつまいもを入れて蓋をする
  • レンジで加熱をする
  • 加熱後10分ほど蒸らす

製品にもよりますが
大体この流れで調理していくようです。

焼き芋鍋はこんな感じです。
これは、サツマイモのような鍋ですが、
他にも、
黒い陶器製もあったりしますので、
お好みに応じて、ご検討くださいね。

 

他にも焼き芋鍋でも鉄製鍋ではなく
シリコンスチーマー
というアイテムや

トースターで使えるホイルの
黒ホイル
というアイテムなどもあります。

 

 

焼き芋をレンジで作るのまとめ

 

電子レンジやオーブンを使った
焼き芋の作り方はわかりましたか?

新聞紙やキッチンペーパーなど
簡単に手に入るもので
美味しい焼き芋が
作れるのは嬉しいですね。

とにかく、

美味しく作るコツは
低温」「じわじわ
ということをお忘れなく。

また、

最近では
調理に使うグッズやアイテムが
進化していますので、
調べればもっと色々な便利グッズを
見つけることができると思います。

そういったグッズは
焼き芋以外の料理にも使い道があるので
一つくらい持っておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク


コメント