喪中

冠婚葬祭

喪中に神社へは合格の祈願にも行けないの?行けない期間はいつまで?

喪中という言葉は知ってるし、どんなことかもわかってるけど、日本の文化?伝統?しきたり?宗教的マナー?は難しい!ですよね?喪中には神社には行っちゃだめ!とは聞いたことあるはずですが、合格祈願で行くのもNG?神社に行けない喪中の期間はどのくらいなんだ?なんてことをまとめておきます。ご参考に!
冠婚葬祭

喪中なのに結婚式に出席したり、二次会に参加しても良いのでしょうか?

親戚、親族に不幸があると、喪に服すという期間である喪中となります。でも、死は突然、訪れますから、既に、結婚式や二次会に出席すると返事をしていた時に悩んでしまいます。既に、新郎新婦側は出席者として数えているのですから、迷惑をかけてしまうことに!さて、どうするべきなんでしょう?
冠婚葬祭

喪中の範囲に祖父は入る?期間はいつまでで?してはいけないことは何?

喪中は喪に服すということで、年賀状を出してはいけない!ということは何となくわかってるけど、自分から見て、どこまでの範囲が喪中になるの?祖父も入る?年賀状を出してはいけない以外に、してはいけないことがあるようだけど、期間はいつまでなの?ということをまとめておきます。
冠婚葬祭

喪中での寒中見舞いのはがきの種類と時期と例文をご紹介

喪中の場合、年賀状や新年のあいさつを控えなくてはなりません。しかし、お世話になった方々から年賀状をいただいた場合はどうすれば?そんな時は喪中である事情を知らせるために寒中見舞いを出しましょう。寒中見舞いを出すべき時期やはがきの種類の選び方、使ってはいけない切手やはがきなど知らないでいると失礼なことや例文もご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました