スポンサードリンク

 

 

お子さんや女性にも
多いのケガは、
乾燥しやすい冬の時期にやると、
食べ物が食べられないほど
腫れてしまうことがあります。

唇の腫れには、
いろいろな原因がありますが、
病気ではなく、
間違って、自分の不注意で、
噛んでしまう場合もありますよね?

唇を噛んでしまったら、
痛くて痛くて、
しばらくは、食べ物が
食べられなくなってしまいます。

そこで、
を自分で噛んだ
腫れた
という時の対処法や
病院での治療のすすめ、
早く治すための方法など、
自分でできることをご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

唇を噛んだら腫れた!どうしたらいいの??

 

 

 

 

無意識に
を勢いよく噛んだ
当然、腫れた

ということになってしまいますが、

当然ながら、

唇を噛んで腫れてきたり、
出血したりしたら、
病院で診察と治療を受けましょう。

これが一番ですが、

まずは、
唇の出血や
腫れの応急処置が必要です。

唇を噛んでしまった後、
腫れてきたら、
腫れた部分を冷やすのが
一番いい対処法です。

水をつけた冷やしタオルを
用意して、
唇に当てて冷やします。

氷や保冷剤などを唇に当てると、
冷えすぎますので、
少し注意してください。

普通の水で冷やしたタオルでも
十分な効き目があります。

そして、

次が重要になりますが、
腫れが治まった後は、
唇の血行をよくするために、
蒸しタオルなどで
温めるようにしてください。

応急処置の対処法の
順番を間違えると、
効き目がなく、
逆効果になることがありますので、
注意しましょう。

最初に、
水に濡らしたタオルで
唇を冷やした後、
温めた蒸しタオルなどを
使って唇を温めます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

唇を噛んだ腫れを早く治すのにはどんな方法があるの?

 

噛んだときの
腫れ治す応急処置
については前項でご説明しましたが、

そのままでは、
なかなか治らないので、
応急処置後の唇の腫れを
早く治す方法についても
お伝えしておきます。

もちろん、
腫れが引かないで心配なら、
病院に行くことをオススメしますが、

病院などの
医療機関に行かない場合には、
市販の薬を使って、
治療する場合があります。

でも、
自分の判断だけで
薬を使わないようにしましょう。

逆に、
唇の腫れの症状が
ひどくなることもあるからです。

薬は、
医師の診察し、
処方した薬だけに限り、
正しく使うようにしましょう。

ということは、
やはり、
病院に行って、
医師に診断してもらい、
適切な薬を使うようにしましょう!

ということになります。

なお、

デリケートな唇部分の腫れを
早く回復させるためには、
食べるものや毎日の生活習慣にも
十分に注意する必要があります。

いつもよりも、
十分な睡眠時間を取り、
よく眠りましょう。

さらに、
栄養のバランスを考えた食事を摂り、
体や心が疲れないように、
いつもよりも
負担を軽減させてあげましょう。

女性の場合で、
口紅やリップクリームを
使用している方は、
唇の腫れている時期に限り、

使用を中止し、
薬用のリップクリームや
肌や唇に優しい素材に
変えたほうがいいでしょう。

でも、
何もつけない方が
いい場合がありますのでご注意を。

唇の腫れがひどく、
3日以上腫れが続き、
その後も腫れがひかない場合は、

別の病気の可能性もありますので、
医療機関で医師の診察を
受けるようにしましょう。

そのまま放置していると、
症状がひどくなり、
取り返しのつかないことに
なってしまうことがあります。

 

 

唇を噛んだ!のまとめ

 

唇を噛んでしまった時や
転んで、口を打ってしまった時は
出血したり、腫れたりします。

こうした状態になると、
唇部分は、
食べ物が食べられないくらいの痛みを
感じることがあります。

女性の場合は、
使用している口紅や
リップクリームの使用を
一時的にやめたほうがいいでしょう。

ここでは、
今すぐできる唇のケガや
腫れの応急処置と、
早く治すための唇ケアや体調管理の
各種方法についてご紹介しました。

誰にでもできる応急処置法ですが、
冷やす、温めるの順番を間違えると、
症状が悪化することがありますので、
注意が必要です!

唇の腫れの痛みがひどくなり、
3日以上続くようなら、
病院などの医療機関で
医師の診察や検査を
受けるようにしてください。

唇の腫れがひどいと、
別の病気の可能性が考えられますし、
腫れた後の対処法が
間違っていることがあるからです。

また、
市販の薬を使用するよりも、
医師の処方する薬の方が
効き目があり、
副作用なども少なくなっています。

困ったときは、
お医者さんに
相談することを強くオススメします!

 

 

スポンサーリンク