スポンサードリンク

 

 

期限切れで、
更新する前のパスポート
もしくは、
更新を終えて、
無効とされたパスポートを
どう処分していますか?

ひょっとして、
ポイっと、ゴミ箱に捨てる
なんてことしてます?

パスポートは
重要な書類なので
処分方法にとても悩みますよね?

そこで、
そんなパスポートの
処分方法を紹介していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

パスポートが期限切れたら捨てるべき?

 

 

 

 

パスポート期限切れたら
捨てるべきなのか?
って、知らないと、わからない!

ですよね?

結論から言うと、
期限が切れたパスポートは
捨てるのではなく、
国に返還するのが
法律で義務付けられています。

ですが、
あることをすれば
自分でパスポートを
持っていても問題ありません。

まず、
その方法を紹介する前に
改めて、パスポートは
どのようなものかを
整理しておきましょう。

パスポートとは

パスポートは、
日本国民である「自分」の身分を
世界中で、証明するための
とても重要な国の公文書類です。

なので、
もう使わないかといって
ゴミ袋に入れて、捨てたり、
ゴミ処理場へ出した場合、

知らない人に
ゴミ箱からパスポートを拾われ
そのパスポートが
偽造パスポートとして
悪用される可能性も十分あるのです。

なので、
自分で持っていたり
処分する場合は
そのままにしておくのは危険です。

なので、
自分で持っていたい場合は
期限切れのパスポートを
パスポートセンターへ持っていき、
所定の処理をしてもらいましょう。

センターに行くと、
窓口に行き、
期限切れのパスポートを
記念として持っていたい
ということを説明をすれば、

VOIDという穴あけスタンプを
パスポートに押してくれて、
その後に、返してくれます。

このVOID(無効)という
穴あけスタンプをつけたことで
「国への返納義務を果たした」
という意味になるのです。

これさえ終えれば、
自宅で持って帰る事ができます。

パスポートは
個人情報が沢山記載されています。
なので、
そのまま、
ごみ箱に捨てるといった不用心な事は
絶対にやめて下さい。

もし、
自分で処分する場合は
自宅でシュレッダーにかけるか、
はさみなどで、
徹底的に細かく
切り刻んでから処分しましょう。

この時に
シュレッダーで処分する際に
パスポートを一枚ずつに分解して
一枚ずつ順不同で
シュレッターをかけていくのが
おすすめです。

あと、
そこに、もう一工夫をして、
個人情報の部分を
油性ペンで黒く塗りつぶしてから、

紙一枚を半分に切って
最後にシュレッダーをかけると
さらに安心して処分できますよ。

もし、
家にシュレッダーがなかったり
自分でパスポートを処分するのが
怖いという場合は
パスポートセンターに
処分をお願いしても問題ありません。

パスポートセンターでは
専用のシュレッダーで
責任を持って処分をしてくれます。

時間は
センターが稼働している時間帯で
好きなときに持参すれば
いつでも、処分を代行してくれます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

パスポートが期限切れた場合の処分方法は?国に返還するの?

 

パスポート
期限切れの際の
処分方法は、

先程も既に、紹介しましたが、
法律上、
有効期限が切れたあとや
切り替え申請する際に、
国に返納する義務があります。

なので
更新をせず、
期限が
切れてしまったパスポートは
パスポートセンターに持っていき、

VOID(無効)
という穴あけスタンプを
押してもらいましょう。

 

 

パスポートの期限切れのまとめ

 

パスポートが
期限が切れた場合の
処分の方法を紹介しましたが
いかがでしたでしょうか?

最後に
もう一度まとめると

  • パスポートは
    有効期限が切れたり
    切り替え申請をする際は
    国へ返納する義務がある。
  • もし、記念にパスポートを
    持っていたい場合は
    パスポートセンターに
    パスポートを持っていき
    VOID(無効)
    という穴あけスタンプを
    押してもらってから
    自宅で保管する。
  • 自分で
    パスポートを処分する場合は
    VOIDを押して貰ってから
    自分でシュレッターや
    ハサミなどで切り裂いてから
    処分する。
  • 自分で処分が出来ない場合は
    パスポートを
    サポートセンターで処分して
    もらうことが出来る

あまり、海外に行く事がないと
ついつい、
忘れがちなパスポートの期限切れ

これを機にちゃんと手続きしましょう。

 

スポンサーリンク