スポンサードリンク

 

 

納豆賞味期限
一週間過ぎてても、
まだ、食べられるのでは?

と思う人は多いはず!

でも、
ホントに食べられますか?

捨てるべきだと、
悩んだことはありませんか?

安いからと買い過ぎてしまい、
気がつくと、
賞味期限を一週間も過ぎてた!

なんてことはありません?

とは言え、

そうして、賞味期限が切れてても
何も異常がなければ、
納豆の場合、
殆どの人は、
気にすることなく食べるでしょう。

ですが、
実を言うと、
そうした時の判断に
困る食べ物が納豆なんです。

普通に食べられる段階でも、
独特の強くてクサい臭いを
放ってますし、

ネバネバ、ヌルヌル状態でもあり、
一般的な食品の場合の
腐ってるという基準では計れない!
つまり、異常かどうかの判断が
分かりにくい食べ物だからです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

納豆の賞味期限が一週間過ぎたけど食べられる?

 

 

 

 

納豆賞味期限
一週間過ぎてる状態で、
食べられますか?

と、考える前に、

まずは、
そもそもの納豆の賞味期限は
どれぐらいのもので、
どのようにして決まっているのか
ご紹介します。

 

納豆の賞味期限は
長そうなイメージですが、

実は、基本的に
どの納豆も賞味期限は
冷蔵庫保管で
1週間程度に設定されています。

「意外と短い!?」
と思う人もいるでしょうが、

 

賞味期限とは

賞味期限とは、
「ある程度、
美味しく食べられるであろうと
作っている企業が
保障してくれるだけの期間」であり、

納豆は
加熱処理しない生鮮食品
でもあるため、
味の劣化は、けっこう、あるのです。

この
冷蔵庫保管で1週間程度
とされる理由ですが、

納豆を
発酵させる納豆菌は
加熱処理をしていないため、
生き続けているのです。

なので、
保存期間が経過するにつれ、
発酵がさらに進み、
品質が劣化してしまうわけです。

そして、
味や食感などが10日を超えると、
はっきり分かるようになります。

ちなみに、
納豆は10℃以上で保存すると、
納豆菌が非常に活性化され、

かなりの速度で、
品質劣化が起こるため、
保存期間1週間でも、
食べられなくなることもあります。

なので、
常温保存は可能な限り、
避けることをおすすめいたします。

では、
実際に賞味期限切れ後、
どれぐらいまでならば、
食べることができるものなのかを
ご紹介しましょう♪

結論から言いますと、
納豆は1ヵ月後までは、
味の劣化を気にしないのであれば、
食べることは出来ます。

あくまでも、
「食べることが出来る」
という範囲での話でならば、
2ヵ月後まで食べることが
可能だという説もあります。

信じる信じないはアナタしだいですが。。。

 

納豆が賞味期限過ぎてて白いブツブツがあるけど、コレってカビ?

 

納豆
賞味期限を過ぎた後、
白いブツブツ
見かけたこと、ありますか?

これ、
一般的には、
1ヶ月が経過した段階に
見られる現象なんです。

他の現象としては、

「砂を噛んだような食感」
「納豆にはない苦味」

という変化をしていることがあります。

そして、実は、
この白いブツブツは、
カビではありません。

この状態で食べたとしても、
体に異常は
出ないことの方が多いのです。

なぜかと言いますと、
この変化が起こる原因は
体には害はなく、
納豆に含まれている特定の成分が
表面に出てきたからなんです。

賞味期限を
数週間単位で過ぎた納豆には
白いブツブツした物が
浮き出てきて、

カビのような有害な成分であると
誤解されたりするのですが、

実は
この白い物質は
チロシンと言う名のアミノ酸の結晶で、
体に悪い物ではありません。

むしろ、

このチロシンとは、
神経細胞の興奮や抑制を伝達する
アドレナリンや
ノルアドレナリン、
そして、
ドーパミンなどの
神経伝達物質の原料となり、

「うつ状態の治療」や
「疲労やストレスをやわらげる効果」
を持っている成分であり、
体に良いものです。

本来は、非常に
水に溶けにくい物質なのですが、

納豆の納豆菌によって、
大豆のタンパク質が
発酵が進んでくると分離されて、
表面に浮き出てくるのです。

そうした時は、
チロシンが解けやすくするために
加熱調理をおすすめします。

納豆に火を通すという行為は、
あまりメジャーではありませんが、
納豆のかき揚げや
納豆とひき肉の炒め物といった
加熱調理する料理も意外にあります。

 

 

スポンサードリンク

 

納豆の賞味期限が切れて粘り気が無くなったら要注意!!

 

納豆
賞味期限が切れて
粘り気がないって、
これは、異常!

だと思ってしまいますが、

では、
最後にどうなった納豆は
食べない方がいいのかを
ご紹介させていただきます。

具体的には
以下のような状態の納豆は
食べないことをおすすめします。

 

食べちゃいけない納豆の状態

  • 全く糸をひかない
  • 乾燥してバラバラになっている
  • アンモニア臭がする
  • 濡らした記憶がないのに
    びちゃびちゃになっている
  • 緑色っぽいふわふわした物が
    ついている(これがカビです!)

基本的に、
このような変化が
見られる納豆に関しては
最悪のケース、
食中毒を起こす可能性もあるので、
食べないことをおすすめします。

 

納豆の賞味期限のまとめ

 

いかがでしたでしょうか?
納豆は、
個人的に好きな食べ物なので
ついつい、
大量に買ってしまう時があります。

ですが、
あまり大量に買わずに、
適度な量で
消費したほうが良いかもしれません。

また、
放置しないように気をつけたいものですね。

 

スポンサーリンク