主婦のパートはお小遣いのため?貯金のため?扶養内だといくら稼げる?

仕事関係

 

 

主婦として、
子どもが小学生になって、
毎日の送り迎えがなくなったり、

また、

高学年になって、
帰ってくる時間が遅くなり、
家で待ってる時間が短くなると、

パートとして、
働きに行く人が増えていきます。

中学に上がるころには
半数以上の主婦が、
何らかの仕事をしています。

働きに出ることは大変ですが、
良い気分転換にも、
また、
お小遣い稼ぎにもなりますね。

では一体、

パートやフルタイムで
働く主婦たちは
どれくらいお小遣いを使って
どれくらい貯金してるのか?
また、それは何のために??

でも、扶養の範囲内?!
という落とし穴もあるのです。

そんな、なかなか、聞けない
ポイントを調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

主婦がパートでお小遣い稼ぎってあり?

 

 

 

主婦
パートお小遣い稼ぎ!
当然、あるある!
でしょ!

もちろん、
パートで働いている主婦の全員が
お小遣いのために
働いているわけではありません。

子どもの教育費、
住宅ローンのため、
生活費のために、働く人も多く、

そんな場合は、
自分のお小遣いに回ることなく
パート代が使われるでしょう。

一体、
主婦のお小遣いの相場は
いくらくらいなのでしょうか。

 

主婦のお小遣いは統計によると、

 

専業主婦、パートで働く主婦の場合

平均的に、お小遣いは、15000円。
どうでしょうか?

次に、

フルタイム勤務している主婦

それでも、
平均的なお小遣いは、25000円
だそうです。

多いですか、少ないですか?

 

そして、
お小遣いの使い方は

  • 化粧品
  • 美容代
  • 衣服
  • 趣味
  • 交際費
など。

また、
多くの主婦はたいていの場合、
5,000円~を予備費として
自分の口座で貯金しています。

いわゆる、へそくりというやつですね。

友達とランチにいったり、
ヨガを習ったりしながらも、
いざという時のために貯金しておく!
という、
日本女性らしいつつましさと
しっかりとした一面を見るようです。

 

 

主婦のパートは貯金のためじゃないとダメ?

 

 

 

主婦パート貯金のため
だけだと、
むなしくなるかもしれませんが、

逆に、
お小遣い稼ぎためだけに、
パートしてる主婦も少ない?のでは。

でも、

自分のお小遣いの中で、
貯金しながら、
やりくりしているしっかりものが多い中、

パート代は
すべて、自分のお小遣い!
という主婦もいますね。

きっと、
ご主人の年収も、
妻に対する理解も良いのでしょう。

人の家は人の家!
と割り切らないと、
つまらない不満不平を抱えそうです。

なかには、
専業主婦でいながら、
潤沢なお小遣いを
使える立場の人もいるのですから。

主婦のパート代を
いざという時用に、
貯金に回しておくというのも
ひとつの方法かもしれません。

年に一度の家族旅行のため!
子どもが大きくなった時のため!
老後の生活を考えて!

などと、いろんな理由があります。

何かあったときに
慌てふためかずに、
さっと、
資金が出てくるにしておきたい!
という主婦もいることでしょう。

パート代の使い方は人それぞれ。
すべてをお小遣いとして使えるなら、
将来のために、少しでも、
貯金しておくことをおすすめしておきます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

主婦のパートは扶養内だと、いくら稼いでいいの?

 

 

主婦パート
扶養の範囲内かどうか
という税金の問題と関係してきます。

2018年春に
改正された配偶者特別控除。

前年までは、
扶養されている主婦の
1月から12月までの収入が
103万円を超えると、
パート代から所得税を払うことと、

配偶者特別控除が受けられず、
夫が、より多くの税金を
払わなければなりませんでした。

会社によっては、

家族手当がもらえなくなるなど、
ダメージは大きく、
パートの主婦たちは、
なんとしても年間103万円以下に
抑えるよう調整してきました。

しかし、

4月からは、
このラインが
150万円まで引き上がり、

月額で、85,000円に
抑えていたパート代を
12万5000円まで、稼いでも
配偶者特別控除を
受けられるようになりました。

ただし、
基礎控除のラインは103万円のまま。

また、
年間収入が106万円を超えると、
パート先の健康保険、厚生年金に
なるべく入るようにしなければならなくなり、

130万円を超えると、
夫の健康保険、厚生年金から
外れなくてはならず、

もし、パート先で加入できなければ、
国民保健、国民年金に
自分で加入し支払わなければなりません。

年収によりますが、
二つ合わせると、
毎月、25000~30000円位の
支出になります。

手取り額でのプラスマイナスで考えると、
収入は、やはり103万円以下に
押さえた方がお得ですね?!

配偶者特別控除のラインが
引き上がっただけで、
よし、稼ぐぞ!と頑張っちゃうと、
手取り収入面では、
損をしてしまう仕組みは続いているのです。

もちろん、
フルタイムに働いている主婦は
これには当たりません。

会社の保険、年金に加入し、
所得税、住民税を払って、
しっかり、稼げるなら、
ダブルインカムになり、
もちろん特別控除もうけられません。

 

主婦のパートのまとめ

 

子どもの手も放れたから、
ちょっと働いてみようかなと
考えている人は、
どんな目的で、
パートに出るのでしょうか。

生活費のため?
教育費のため?
はたまた、自分のお小遣いのため?

といいながらも
意外としっかりへそくりを
貯めている人が多いようですね。

また、
仕事に慣れてくると、
残業や出勤の日にちを
増やしてほしい!と
希望されることが
きっと多くなってくるでしょう。

家庭に影響が出ない範囲とか、
年間103万円以下に押さえるなど
働き方にボーダーラインを
作っておかないと、
家庭的にも経済的にも
逆効果?になることも!

何のために働くのか、
しっかり自分の中で、
一本、筋を通しておくことが大切です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました