スポンサードリンク

 

女性の
天敵である紫外線は、
真夏はもちろんですが、

5月から急に強くなります。

お肌の紫外線対策は、
日頃のスキンケアや日焼け止めで
バッチリ安心の方も多いと思いますが、
目の紫外線対策は大丈夫でしょか?

予防できる目薬、知ってますか?

メガネで予防できるって、
ご存知ですか?

もともと、
目には
紫外線を防ぐ力が備わっています。

日常生活で、
多少浴びる分には
問題はありません。
危険なのは長い時間、
強い紫外線を浴びることです。

って、
目が日焼けしてしまうのでしょうか?

といったところを調べました。ご参考に!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

紫外線を予防する目薬とは?

 

 

 

紫外線予防する目薬って、
ホントにあるのか?

UVカットをうたった目薬は、
探してみるとたくさん販売されています。
人気のある主だった製品を挙げると

・ロート製薬「ロートUVキュア」
・武田製薬「バイシンUV」
・佐藤製薬「ノアールUV」
・参天製薬「サンテボーティエ」など。

UVと表示してありますが、
効能を読むと、
ダメージ改善、充血に高い効果など。

これらの目薬は
紫外線による日焼けを予防するのではなく、
日焼けしてしまった目の
傷みや炎症、充血をケアするものなのです。

 

目にとって、
紫外線は健康上、
何ひとついいことはないので、
紫外線を浴びないことが
一番の予防なのです。

 

もし、ダメージを受けてしまったら、
目を冷やし、休めて目薬を差す。
というのが目薬本来の使い方です。

目薬で紫外線の予防はできません。

では、
どうやって、
目を紫外線から守りましょうか。

 

ちなみに、

紫外線が影響する目の病気には
こんなものがあります。

急性紫外線角膜炎:
目が充血したり、痛み、かゆみを感じる症状

・慢性翼状片:
いわゆる赤目の状態

・慢性白内障:
水晶体が曇って視力低下や物が
二重に見えてしまう症状

目も紫外線から守っていくべきですね。

 

 

紫外線を予防するメガネなんてあるの?サングラス?

 

紫外線予防するメガネって、
サングラスじゃないの?
と思ってしまうものです。

 

目の紫外線予防でいえば、
7㎝以上のつばの付いた帽子を
被るだけで、
紫外線を50%もカットできます。

さらに、サングラスをすれば、
カット率は90%に!
サングラスの役目は大きいようです。

 

でも、
サングラスに抵抗がある方もいますよね。
また、曇り空では、
サングラスだと、視界が悪いし…。

そんな時には
UVカットメガネがおすすめです。
視力に合わせたUVカットメガネを
作ってもいいですし、
伊達メガネでもいいでしょう。

 

選び方としては

・UVAカットと表示してあるもの
・紫外線透過率が1.0%以下のもの
・顔の骨格に合ったしっかりしているもの

を確認すること。

 

また、
UVコンタクトレンズも販売されています。

ただ、白目の部分には
紫外線があたるので、
帽子や日傘を併用して、
紫外線予防をしましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

紫外線を予防できる色ってあるの?

 

 

なんとなく、
濃いのサングラスをすれば、
紫外線予防できるような
気分になりますよね。

 

でも、

色の濃いレンズを使用すると、
より多くの光を取り入れようと
瞳孔が開いてしまうため、
水晶体を紫外線が直撃し、
裸眼よりも非常に危険な状態に!
なってしまうのです!

知ってました?

無駄に
色がついているサングラスは
目を危険にさらすことになるの
でやめておきましょう。

逆に、
透明なレンズの方が
瞳孔が開かず、
紫外線の直撃を防げます。

いずれにしても、
UVカットと
表示のあるサングラスやメガネを
選ぶことをおすすめします。

ここでひとつ提案を。

ダイソーで
販売中のUVカットメガネは
紫外線99%カット、UV400
という優れもの。

UV400というのは
UVAをカットしてくれるという意味です。
これは、実験で実証済みの
正確なデータなので安心して使えます。

ただ、壊れやすい、
歪んで見えるなどの問題もありますので、
ちょこっとした買い物や外出はこれで。
長時間では目が疲れてしまうので、
やや高級なUVカットのメガネがあると安心。

 

 

紫外線予防のまとめ

 

紫外線は、
皮膚にとっては
カルシウム形成にかかわる
ビタミンDを作るために、
ある程度は必要なものです。

しかし、先ほど書いたとおり
目にとって、
有益なことはひとつもありません。

昼間の
スポーツ観戦や海水浴のあとに
目が乾いたり、ジンジンと痛むのは
紫外線による
軽い炎症を起こしてるからです。

こんな時は、
UVの目薬をさして
症状を和らげてあげます。

でも、
目の紫外線予防には、
UVカットの
メガネ、コンタクトを使いましょう!
帽子や日傘をさすとなお効果的です。

 

また、
美容面でも紫外線は危険分子です。
目から浴びた紫外線に対し、
脳がガードしようとして、
メラニン色素を増やしてしまいます。
すなわち、お肌が黒くなるのです。

 

目が紫外線を浴びると、
身体全体が日焼けしてしまうなんて
びっくりですね!

美肌のため、目の健康のために、
今年の夏は
紫外線対策を考えていきましょう。

 

一生、
使っていく目なのですから、
日ごろのちょっとしたケアで、
歳をとっても、
衰えないようにしていきましょう。

 

スポンサーリンク