スポンサードリンク

 

運動不足なので、
何かをしようと思ってはいるけど、
何をしていいのかわかりません。

ウォーキングやランニングは
良いのでしょうが、
外に出るのは嫌です。
かといってジムもめんどくさい。

家でするストレッチの
やり方もよくしりません。

そんな時に思い出すのが、
子供の頃にやった
あの、ラジオ体操ではないでしょうか。

ラジオ体操って、
子供かお年寄りしかやらないのでは、
と思う方も多いでしょう。

でも、ラジオ体操って驚くほど、
すばらしい効果が期待できるのです。

そんなラジオ体操の効果を
まとめてみました。
これを読んで、
ラジオ体操をすぐに実践してみて下さい。
驚くべき、効果が出ますから。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

ラジオ体操の効果はダイエット以外にも期待できる優れもの!

 

 

 

ラジオ体操効果
ダイエット以外にも期待できるって、
ホントなの?!

 

思い出してみてください、ラジオ体操を。

体中をまんべんなく動かす運動
だということがわかりますね。
ですので、
健康上、非常に多くの効果が期待できます。

普段の生活では
使用しない筋肉や関節も使うことによって、
柔軟性が上がって、
血行もよくなるので、
肩こりや腰痛の予防回復が期待できます。

また、
骨にも刺激があるので、
骨の成長や
骨密度低下の予防も期待できます。

これらより、
便秘や冷え性の改善、
さらには
免疫力の向上もあると言われています。

現に、
多くの会社(特に工場)で、
今なお、
朝の始業前にラジオ体操をしています。

ラジオ体操の基本方針は、
いつでも、どこでも、誰でも、だそうです。

ですので、

普段、運動してない人にもオススメです。
ラジオ体操をして、
筋肉痛になったとか、
逆に体の調子が悪くなった!
という人を聞いた事は無いですよね。

ラジオ体操がダイエット効果を期待できる!

というのは、
ラジオ体操ダイエットというダイエット法が
登場していることでもわかるように、

ラジオ体操で運動を習慣づけ、
筋力アップ、消費カロリーアップとなり、
自然と、ダイエット効果も期待できる!
という好循環を作ってくれるというもの。

つまり、
誰でも取り組みやすいラジオ体操なので
期待できる効果であるということでしょう。

 

 

ラジオ体操の効果は筋肉にも期待できる!?

 

ラジオ体操効果筋肉にも!?

ラジオ体操って、
全身運動というのは
言うまでもないことですが、
なんと、
400種類もの筋肉を動かしているそうです。

しかも、
普段、
使わない筋肉も動かしてくれます。
まさに、バランスよく全身の筋肉を
使うエクササイズなのです。

ただし、
ラジオ体操は有酸素運動なので、
筋肉をつけると言うよりは、
脂肪の燃焼や柔軟性アップが
基本の目的となります。

ということは、当然ですが、
ウェイトトレーニングに比べれば、
筋肉がつくわけではありません。

もちろん、
ウェイトを持って、ラジオ体操するとか、
スピードを上げてラジオ体操するとか、
少し工夫をすれば、
ウェイトトレーニングのようなこともできます。

でも、
ラジオ体操は、
基本は筋肉ムキムキを目指す人が
する運動ではありません。

あくまでも、
筋肉を使って運動して
健康になるが基本なのです。

 

 

スポンサードリンク

 

ラジオ体操の効果はカロリーの消費量に秘密があった!?

ラジオ体操効果
カロリー消費量にも秘密が!?

ラジオ体操は、
子供やお年寄りがやるイメージがあるし、
汗だくでしている人もいないので
軽い体操と思いがちです。

でも、
ラジオ体操の消費カロリーは高いのです。

厚生労働省が提唱しているカロリー消費を
現す数値に
METs(メッツ)というものがあります。

これによると、
普通歩行が3.0METsなのに対して、
ラジオ体操は4.0METsになるそうです。

つまり、
人間の安静状態のカロリー消費量と比べ、
普通歩行は3.0METs なので、
安静状態の3倍のカロリー消費が期待でき、

ラジオ体操は4.0METsなので、
4倍のカロリー消費が期待できるのです。

しかし、少し、落とし穴があります。
この普通歩行の3.0METsは
15分間の歩行をした時のカロリー消費です。

ラジオ体操第一の時間は3分13秒。
第二は3分8秒。合わせても 6分21秒。

15分をめどにするのであれば、
第一3回、第二2回しないといけませんね。

つまり、
普通に、ラジオ体操第一と第二を
1回ずつだけするのではなく、
ラジオ体操第一と第二を3セットすれば、
15分のウォーキングよりも
カロリーを消費できる計算になります。

外に行きたくない人にとっては、
手頃な手段ではないでしょうか。

ラジオ体操を継続することで、
運動習慣ができますから、
それ以外の運動をするきっかけとなり、
プラス効果が期待できます。

手軽にカロリー消費できるラジオ体操は
効率的な運動なのは間違いないようですね。

 

ラジオ体操の効果のまとめ

昔から、ずっと続いているラジオ体操、
やって悪いはずがありません。

基本的な効果は、
体中の筋肉や関節をまんべんなく使って、
柔軟性のアップと血行の促進です。

それらによって、
肩こりや腰痛の予防対策など
様々な効果が期待できます。

筋肉ムキムキにはならないと思いますが、
全身の普段使わない筋肉も使ってくれます。
筋力の衰えを感じる人は、
それ相応に筋力アップする事は間違いなし!

1回3分のラジオ体操ですが、
第一、第二を3セットすれば、
同じ時間のウォーキングよりも、
効率的にカロリーを消費してくれます。

そんなラジオ体操、
普段運動していない人には
最適ではないでしょうか。

ただし、
肩こりや腰痛予防は即効性はありますが、
大事な事は継続です。
毎日とは言わないですか、続けたいものです。

それと、ラジオ体操忘れた人が多いでしょう。

そんな人は、
NHK教育のテレビのラジオ体操を録画して、
見ながらしましょう。
何事も基本が大事です。
基本を守る方が、効率的に運動できますよ。

スポンサーリンク