スポンサードリンク

 

 

高校生の子どもに
修学旅行に行きたくない!
と言われてしまった時
いったい、どうすればいいのか?

親の立場だと悩みますよね?

そこで、
そもそも、
修学旅行に不参加というのは、
ありなのか?
なしなのか?

修学旅行に
不参加だった場合
返金してもらえるのか?

不参加にする場合の理由などは
何が妥当なのか?
と言ったことをご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

高校の修学旅行に不参加なのはあり?なし?不参加の場合は欠席になる?

 

 

 

 

 

高校修学旅行不参加
って、ありなのか?

というと、

少し古い話ですが、
私の知人のお子さんが、
部活での
公式戦の大会直前だということで、
修学旅行に行かなかった
という事実を聞いていますので、

ちゃんとした理由があれば、
問題ない!
ということになるんです。

でも、

修学旅行は
授業の一環として
実施されるものです。

なので
修学旅行を休むと
欠席になります。

ですが、

他にも、いろんな理由、
例えば、
経済的や身体的等で
修学旅行に
参加しない生徒がいるので、
不参加なのは
別にいけないことではありません。

もし、
修学旅行が不参加となる場合は
みんなが修学旅行に行ってる間も、
学校に出校する必要があります。

つまり、
学校で、プリント学習などをする
ということになります。

ということは、
風邪などの体調不良による
突然の欠席以外の理由での
不参加なら、
学校に出校すれば出席扱いです。

もちろん、
修学旅行中に
出校しなければ欠席扱いになります。

 

 

修学旅行に不参加のときは返金してもらえるの?

 

修学旅行不参加だと、
積み立てた旅費っや払った旅費は
返金してもらえるのか?

 

体調不良や急な都合により
止む無くキャンセルせざる
得ない場合もあります。

そんな時に
ちゃんと、返金されるのか
気になりますよね?

結論から言うと、返金されます。

しかし、
全額の返金は不可能と
思われます。

理由は、
修学旅行では
交通手段や宿泊施設等を
事前予約して行います。

その為、
前日や数日前に
急遽キャンセルした場合は、
当然ながら、
キャンセル料が発生します。

つまり、
予約している交通手段や
宿泊施設への支払いが
全額返金される事は
ほとんどないということになります。

これは、
修学旅行に限らず
一般的な旅行であっても
利用金額の50%や30%の
キャンセル料を
請求される事が普通なんです。

その為、
急なキャンセルとなると
全額返金される事は
ほとんどないと思うべきでしょうね。

 

 

スポンサーリンク


 

修学旅行を不参加にする場合の理由と注意点を紹介

 

修学旅行不参加にする場合、
理由が大きな問題です。

学校に、
どのように伝えるか
ということも悩ましいですが、

そもそも、
どうして、子供が
修学旅行に行きたくないのか?!
その理由の方が大きな問題です。

その理由を
親が理解してあげるのか?
理解すべきでないのか?
が、難しい判断となります。

なので、
まず、
子どもが修学旅行に
行きたくない理由と
親の接し方をご紹介します。

 

行きたくない理由と接し方

① 友達がいない

修学旅行に行きたくない!
と思う理由として
一番多いのが友達がいないことです。

友達がいないということは
修学旅行の時に
いわゆる、
ぼっちになるということです。

しかも、
いつも、ぼっちのままなら、
まだ、楽ですが、
修学旅行は集団行動を強いられます。

本当に友達がいない人が
修学旅行で
どんな目にあうかは
おそらく、修学旅行が始まる前に
分かっていると思います。

例えば、
修学旅行などだと、
班を決めたり、
予定を立てたりしますよね?

友達がいない人は、
その時点で
既に、かなりの苦痛なんです。

なので、

もし、
友達がいないなど
人間関係が理由で
修学旅行を休みたいと
子供さんが言うのであれば、

頭から否定せずに
話を聞いてあげるべきです。

普通に
学生時代を
過ごしてきたご両親だとしたら、

まずは、
子どもさんの気持ちを
少しでも、分かってあげてください。

話するのはそれからです。

 

② 仲が良い人がいない

こちらも、よくある理由です。

友達がいないのではなく
仲が良い人が班にいないことが
原因です。

同じ、
行きたくない!気持ちであっても、
先ほどの友達がいないとは
まったく、次元が違ってきます。

もし、
その子が誰とでも
そつなく話ができるのであれば、
行かないということにはなりません。

つまり、
班員との行動が
修学旅行のすべてではないので
班単位で行動しなくてもいい時に
好きな人と行動すればいいだけです。

ただ、
友達が少ないことに加え、
数少ない話せる人が
同じ班にいないケースだと
話は少し変わってきます。

もし、
慣れている人とじゃないと
全く話すらできないのであれば、
親としては
欠席も検討すべきでしょう。

これは
先ほどの友達がいない場合と
似たようなことになりかねません。

場合によっては
人生のトラウマになることだって
ありますし、
人間不信に
陥るきっかけにもなり得ます。

もちろん
行けるなら、一番良いのですが
無理矢理行かされたことで
その後、
学校に行けなくなったりしたら、
逆効果ですからね!

友達が
たくさんいる子が、
同じ班に仲の良い人がいないから
という理由だと
休むほどではないと思いますが、

会話ができる友達が
ほとんどいないような子は、
親としても、
欠席を考えても良いと思われます。

 

③ 環境

少数かもしれませんが、
人間関係以外にも様々な理由で
修学旅行に行きたくない人も
いるはずです。

例えば、
乗り物酔いがひどい人なんかは、
バスや電車での長時間の移動が
難しいこともありますよね。

こういった乗り物の理由だと
休むのも致し方ないのではないか
と思われます。

その他にも
枕が変わったり、家以外だと、
眠れないという人もいます。

修学旅行だと
テンションが高い状態なので、
耐えられるかもしれませんが、
体調不良になるようなら、
微妙なところです。

他にも
修学旅行に参加したくない
理由は様々だと思いますが、

まずは、
親としては
まず、子どもに向き合って
話をするのはとても大切です。

 

次に

 

 

スポンサードリンク

 

修学旅行を不参加する時の理由を紹介します

 

修学旅行
不参加とする理由

まず、
どんな言い訳を使うのが
良いのかというと
特に修学旅行に関しては、
先程も紹介しましたが、

事前に、早めに、
学校に言っておかないと
返金されるお金が少なくなって
しまいます。

なので、
欠席する場合は
慎重に対応しましょう。

次に、
修学旅行を不参加の場合の
理由と注意点を紹介します。

 

修学旅行の不参加理由いろいろ

① 外せない用事

最近では
生徒のプライベートの予定を
優先しても、
怒られない風潮があります。

なので、
外せない用事がある
という言い訳は有効です。

② 持病

泊まりがけの
修学旅行などの学校行事では
持病がある人は、とても大変です。

持病と言っても
そんな大袈裟なものではなく、
逆流性胃腸炎や
IBS(過敏性腸症候群)なども
それに該当します。

なので、
たまたま
修学旅行の時期に
症状が酷くなったとか、

最近、
症状が出てきているから
不安だとか、

そんな理由でも大丈夫です。

やはり、
学校行事を休むにあたって
一番有効な理由は
『体調不良』と『用事』です。

あとは
堂々と担任に理由を伝え
相談してみるのも良いでしょう。

 

 

高校の修学旅行のまとめ

修学旅行を不参加する時の
理由を紹介しました。

お子さんが
就学旅行に参加したくないと
言ったら、
まず、親の立場としては
子どもの話を聞いてあげましょう。

修学旅行は
必ずしも、
参加しなければならない!
ものでもないので
不参加でも問題ありません。

それよりも、
子供が行きたくない!
と言ってる理由を探ってみましょう!

ひょっとしたら、
重大な問題を抱えている!
という可能性だって、あるからです。

 

スポンサーリンク