麦茶の成分の効能とは?ミネラルやカフェイン情報もお伝えします。

健康

 

「夏には麦茶を飲む」
というのが日本の夏の風物詩。

子供も大人もよく飲む飲み物ですが、

コーヒーや緑茶やほうじ茶のように
カフェイン成分が入っている」

「妊婦さんや幼児に良くない」
なんてことを聞くとこともありますね。

そんな麦茶ですが、
実は意外にも
「カフェイン」は
まったく含まれていないのです。

それでも

麦茶が、

「本当に体に良くないの?」
「赤ちゃんのためには
飲まないほうがいいの?」

と妊婦さんは
不安になってしまうことも
あると思います。

そこで、この際、
麦茶がどういう飲み物で、
どんな効能があるのかを
ご紹介いたします。どう思いますか?

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

麦茶の成分の効能とは?

 

 

 

麦茶成分効能
意外に知りませんよね?

そもそも、
麦茶とは大麦の種子を煎じたもので、
緑茶やほうじ茶のように
茶葉から作られたものではありません。

同じお茶という分類でも
作り方が違うのが麦茶なのです。

さらに、
麦茶には嬉しい効能が沢山あります。

 

麦茶の効能: 血流を改善する

麦茶の香ばしい香りのもとである
「アルキルピラジン」という成分には
血流を良くする効果があります。

さらに、この香りにはイライラを
抑制してくれる
リラックス効果もあるのです。

 

麦茶の効能: 体温を下げる

大麦には体を冷やす作用があり、
夏の熱中症予防になります。

また、
大麦自体に体を冷やす作用があるので
本来は麦茶を冷やしたり、
氷を入れて飲む必要はありません。

 

麦茶の効能: 活性酸素を除去する

「Pクマル酸」という成分が含まれていて、
この成分には抗酸化作用の効果があります。
シミやシワの防止
をしてくれる美容の味方ですね。

 

麦茶の効能: 体の巡りを良くする

「βグルカン」という成分が
血糖値の上昇を抑え、
腸内環境を整えてくれます。

なので、老廃物を溜め込まず、
健康的な体作りを手助けしてくれます。

 

麦茶の効能: 胃の粘膜保護

麦茶の抽出物に
胃の粘膜を守ってくれる効果があります。
胃が弱っている時などにオススメです。

 

麦茶の効能: 超低カロリー

麦茶100gあたり1kcalと、
ものすごくカロリーが低いのです。
体に良いうえに、
太りにくい嬉しい飲み物ですね。

 

 

麦茶の成分のミネラルとは?

 

麦茶成分について、
CMなどで
よく耳にする「ミネラル」という単語。

 

でも
ミネラルって何なの?
という声もよく聞きます。

 

簡単に言うと
体の生理機能をスムーズにする成分
です。

では、
麦茶にミネラルというものが
どのくらい含まれているのか見てみましょう。

例として、
伊藤園の「健康ミネラル麦茶」を挙げます。

1本600mlの麦茶の中に
含まれているミネラル成分は

📌 ナトリウム 60mg
📌 マグネシウム 3.0mg
📌 亜鉛 0〜0.6mg
📌 カリウム 72.0mg
📌 リン 60mg

といったところです。

そして、
成人女性に必要なミネラル成分は

📌 ナトリウム 75mg
📌 マグネシウム 270mg
📌 亜鉛 9mg
📌 カリウム 2000mg
📌 リン 90mg

…お分りいただけましたか?

実は、
麦茶で摂取できるミネラル成分は
ごくわずかなのです。

なので
「麦茶を飲んでたらミネラルが摂れる!」
と思わずに
食事などでも、栄養を摂りましょう。

また、
食事の際の飲み物を
水から麦茶に変えるとミネラルも
補給しながら、
食事ができるので、オススメです。

 

 

スポンサードリンク

 

麦茶の成分のカフェインはカラダに悪くない?

 

麦茶の成分にカフェイン?
これ、
ウソです!

何故なら、
麦茶はノンカフェイン、
カフェインが全く入っていないからです!

結論からいうと、
なので、
麦茶はカラダに「悪くない!」のです。

むしろ、
先ほど、
効能で挙げたような効果があるので
妊婦さんや赤ちゃんにも
飲んでいただきたい飲み物です。

さらに

📌 食物繊維が含まれている
📌 母乳の出がよくなる

などの
妊婦さんに嬉しい効果や成分もあります。

ただ、
やはり、
「体を冷やす」ことは
母体にも赤ちゃんにも良くないので
過剰摂取には気をつけましょう。

飲むときには
温めてから飲むことをオススメします。

 

 

麦茶の成分のまとめ

 

どうでしょうか?
麦茶に関する
不安が少しはとり除けましたか?

 

緑茶やほうじ茶のように
同じ「茶」が付くことから、
麦茶もカフェインが含まれている

という噂が流れてしまったようですが、
そんなことはありませんので
安心してください。

ただ、
やはり、飲み過ぎると体には良くないので
量や飲み方を工夫して飲むようにしてくださいね。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました