スポンサードリンク

 

13回忌
法事の連絡がありました。
身内だけの集まりだから、

と言っても、

失礼がないようにしたいはずです。

特に、
服装は一番気を使うと思います。

そこで、
13回忌という法事に
女性スーツで参列したいが、
スーツ姿でも許されるのか?
ということに加え、

ストッキングの色や
デザインなどをご説明します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

13回忌の服装は女性でもスーツ姿で大丈夫でしょうか?

 

 

 

 

 

13回忌服装
女性スーツ姿で参列
というのは許されるのか?

経験がないと、
13回忌の法事に行くことになっても、
スーツで行っていいのかどうかも、
わからないものです。

そこで、
女性がスーツ姿の時の
ルールなどを説明したいと思います。

スーツ関係のマナー

スーツの色です。

黒やグレーが良いでしょう。

 

スーツの中に着るインナー

スーツの中に着るシャツや
インナーの色ですが、
やはり、黒がおすすめです。

黒が用意出来なければ、
派手じゃない色のシャツや
インナーにしましょう。

じゃあ、
なぜ、
白じゃダメなの?
と思いますよね?

13回忌の法事は
故人のご逝去から12年後にある
一周忌、三回忌、七回忌に次ぐ法事。

なので、
「カジュアルな服装で」
「平服で」
というような言葉が、
喪主から
発せられる時期でもあります。

でも、
とは言え、
本当に、ラフな格好では行けない
でしょうから、
悩ましい時期の法事ではあります。

なので、

白いインナーは、
どうしても、
明るい印象を持たれる可能性大!

ということで、

清楚なイメージの白ですが、
場違いな雰囲気に
なってしまうこともあるので、
避けた方が好ましいです。

服装のスタルや色は
場所や状況をわきまえて、
着ることを基本にしましょう。

 

一般的な服装マナー

13回忌は
身内だけですることが多いです。

なので、
ラフな格好でも大丈夫なのか?
と言うことですが、
カジュアルな格好はダメですよ。

お坊さんに
お経を読んでもらったり、
食事をしたりするので、
失礼のないような服装が
良いですよね。

スーツのスカート丈も、
短すぎないものをおすすめします。

法事の席なので、
露出を抑えた服装が
好ましいですよ。

スーツに関して説明しましたが、
その他にも、
注意することがあるので、説明します。

アクセサリーやネイル

続いて、
アクセサリーやネイルについて
説明したいと思います。

アクセサリー

アクセサリーは
シンプルな真珠のネックレス
やイヤリングをおすすめします。

ネイル

ネイルについては、
あらかじめ、
法事の日が決まっているので、
その時までに
落とすのが良いですね。

落とせなかった時は、
黒の手袋などをして、
隠すと良いと思いますよ。

化粧

化粧については、
派手なメイクは辞めましょう。

スカート

スーツのスカート丈は
短過ぎないものをおすすめします。
法事の席なので、
露出を抑えた服装が
好ましいんといううことなんです。

続いては、
13回忌の服装で、
女性のストッキングのデザインに
ルールがあるのかを
ご説明したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

13回忌の服装で女性のストッキングの色やデザインにルールはある?

 

13回忌
服装での女性
ストッキング
色やデザインにマナーはある?

スーツを着る時の
色やアクセサリーのルールは
既にご説明しましたが、

ここでは、
足元に注目してみましょう。

当然ですが、色は黒にしましょう。

そして、

ストッキングのデザイン

ストッキングのデザインに
ルールがあるのかを
説明したいと思いますが、

その前に、

夏なら、
ストッキングを履かなくても、
大丈夫なのか?
という疑問もあると思いますが、
でも、

法事の席での生足は
完全にNGなので、
必ず、
ストッキングを履きましょう。

また、
冬はタイツでも大丈夫なのか?
という疑問も出ると思いますが、
冬でも、
ストッキングにした方が無難です。

もし、
あまりに寒い冬ならば、
タイツは厚手のものでなく、
30デニール以下のものを
選ぶように心がけましょう。

そして、

13回忌での靴

靴はスニーカー等は、
後でお墓までに行く際の
歩行に対応できるように
持っておくと良いですよね。
基本は地味な色のパンプスです。

冬でブーツはNGなの?
と言う疑問が出ると思います。
法事の席ではブーツはNGなんですよ。

 

13回忌の女性の服装のまとめ

13回忌の女性のスーツでの
服装マナーについて、
ストッキングのことも含め、
説明してきましたが、
いかがでしたでしょうか?

ルールが
たくさんあったと思います。

なので、
少しだけ。おさらいをしましょう。

スーツの色は
黒がおすすめでしたよね。

シャツやインナーの色は
黒や華美な物でなければ、
大丈夫と言うことでしたよね。

アクセサリーやネイルについては
真珠のネックレスや
イヤリングがおすすめでしたよね。

ネイルは、
NGで法事までに落とすのが
良かったですよね。

落とせない時は
黒の手袋をすると良かったですよね。

ストッキングについては、
黒を選ぶんでしたよね。

夏でも生足はダメで、
ストッキングを履くんでしたよね。
冬はタイツだと、
30デニール以下の物を
選んでくださいね。

靴については、
シンプルな
パンプスを選ぶんでしだよね。

お墓まで歩くときに、
長時間歩くときは
履き替える靴を持っていても、
良かったですよね。

いかがでしたか?

皆さんの法事の時の参考にしてみて下さいね。

 

 

スポンサーリンク