スポンサードリンク

 

 

 

 

真夏の室内は灼熱地獄です。
でも、エアコンがあれば、
毎日、快適に過ごせます。

もちろん、

冬の時期もエアコンを使って
暖房する人もいますので、
一年中使うようになってきてます。

でも、

エアコンで気になるのが電気代です。

家にいるときは
ずっとエアコンをつけていないと、
快適に過ごせません。

エアコンを
つけっぱなしにしていると
逆に
電気代が
お得になるという噂もあります。

そこで、

エアコンの電気代の問題、
なぜ、電気代が節約できるのか、
健康に悪影響を及ぼさないための
上手なエアコンの使い方
などについてお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

 

エアコンのつけっぱなしは何時間までだと電気代がオトクなの?

 

 

 

 

エアコン何時間まで、
つけっぱなしにする場合、

夏と冬とでは、
環境が全く異なるので
同じように
考えないようにしてください。

夏の場合

夏には冷房をつけますが、
外気温と
設定温度の差が大きい昼間は、
つけっぱなしのほうが
電気代の節約になります。

冬だと

冬の場合は、
さらに、外気温との温度差が
大きくなるので、
夏の冷房時よりも電気代が上がります。

なので、
暖房時も、つけっぱなしの方が
電気代が節約できてお得です。

時間にすると、
30分程度で
エアコンをオンオフするよりは、
つけっぱなしのほうが
電気代が節約できるのです。

なんとなく、
ずっと、つけっぱなしだと、
電気代が、もったいない!

なんて思う人が多いと思います。

でも、

日中の時間帯で
一時間以上使用するなら、
つけっぱなしのほうがお得です。

私は、
暑がりなので、
常に、つけっぱなし!なのですが、
何も知らずに、
電気代の節約をしてたんですね!

すばらしい!!!!!

 

 

 

エアコンのつけっぱなしがなぜ、電気代節約につながるのか?

 

エアコン
つけっぱなしの方が
なぜ
電気代や安くなると言われるのか?

30分~1時間の短い範囲内で
何度もオンオフを繰り返すと、
エアコンを起動させるときに
大きな電力を消費するからです。

ところが、

オフにしている時間が長いと、
エアコンを再起動したときに、

夏場でも冬場でも、
設定温度にするまでの間に
大量の電力を使用しますので、
つけっぱなしの方が
電気代の節約に
なることがわかっています。

注意点は、
古いタイプのエアコンは、
省エネ効果がよくないことです。

再熱除湿方式の除湿を
行うエアコンの除湿も、
余分な電力を使用しますので、
節電につながりません。

 

 

スポンサードリンク

 

 

エアコンをつけっぱなしにするのは健康的にはどうなの?

 

エアコン
つけっぱなしにすると
電気代が節約できる場合が
あるのは本当です。

でも、
健康への影響はどうなのでしょうか?

エアコンを
つけっぱなしにすると、
空気が乾燥しやすくなります。

肌への影響は大きく、
乾燥により、
肌荒れの症状がひどくなる方がいます。

そのため、
加湿器を使用し、
濡れタオルを干すなどの
乾燥対策が必要です。

敏感肌・乾燥肌の方は、
保湿クリームを
たっぷりと肌に塗っておきましょう。

また、
夏の冷房時は冷え性になったり、
室内外の温度差に対応できないと
自律神経失調症に
かかったりすることがあります。

エアコン使用時は、
つけっぱなしにする場合でも、
温度差に注意し、
体調が悪い場合は、
設定温度を見直すようにしましょう。

 

 

エアコンのつけっぱなしのまとめ

エアコンは、
30分~1時間以内で
オンオフを繰り返すよりも、
つけっぱなしにしたほうが
電気代の節約になります。

エアコンのつけっぱなしが、
電気代の節約になる理由は、
オンオフを繰り返すと、
大量の電力を消費するからです。

つけっぱなしですと、
室内の温度差があまりないので
電気代がそれほどかかりません。

でも、

エアコンをつけっぱなしにしていると、
空気が乾燥しやすく、
肌荒れや冷え性、
自律神経失調症などの
症状が出ることがあります。

エアコン使用時は、乾
燥対策をきちんと行い、
体調が悪い場合は、
設定温度を見直すようにしてください。

 

 

スポンサーリンク