スポンサードリンク

 

 

学校の給食で、
毎日出ていたこともあり、
日本人にとって、
なじみ深い『牛乳』。

牛乳には、
カルシウムだけでなく、
タンパク質や脂質、
ビタミンにミネラルなど、
たくさんの栄養素が
バランス良く含まれています。

これらの栄養素を
手軽に摂取できたり、
様々な料理に活用できることから、
どのご家庭の冷蔵庫にも、
最低、1本、1パックは
常備してあるのではないでしょうか?

ですが、
ついつい、
買いだめしすぎてしまったりして、
気がついたら、
一週間賞味期限を過ぎてた!

なんて経験をされた方も多いはず。

そういう時って、

すぐに捨ててはいませんか?

もし、生ものだし、怖いから
捨てるようにしているというのであれば、
勿体ないです!

でも、
加熱すれば、良い!
ということでもないので、
さっそく、その理由などを
ご紹介しておきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

牛乳の賞味期限が一週間過ぎたけど飲んだら危険?

 

 

 

 

牛乳
賞味期限一週間
過ぎてる!

と驚く前に、整理しておきましょう。

 

賞味期限の意味

賞味期限とは、
食品そのものを
一番美味しく食べることが
できる期間を表しています。

期限が過ぎてからは、
品質は徐々に低下していきますが、
その日にちを1日でも過ぎたら、
飲食することができない、
ということではありません。

通常、
期限は1週間ほど余裕を持って
設定されていますので、

賞味期限切れの牛乳が
未開封であった場合は、
5日~7日ほど過ぎてしまっても、
飲むことができるとされています。

ただし、10℃以下の冷蔵庫で
保存してある場合に限りますので、

ご注意ください。

 

危ない度のチェックポイント

もし、開封した時に、

  • いつもと違う匂いがする
  • 分離していたり、
    ブツブツしたものがある
  • 苦みや酸味がある
  • 火にかけた時、
    固まったり分離したりする

ということがあれば、
腐敗している可能性が高いので、
絶対に飲まないようにしてください。

たとえ、未開封であっても、
季節やその時の
保存方法によっても
変わってきますので、

できる限り、日数だけで
判断するのではなく、
自分の目や鼻で
確認することをおすすめいたします。

そして、
もう一つ、賞味期限についてですが、
開封したものは、
その時点から
賞味期限日が無効になるということです。

1度開封すると、
そこから、空気中の細菌が入り込み、
どんどんと劣化していきます。

牛乳は、周りの臭気を
吸収する性質を持っているため、
風味が急速に落ちていきますので、
開封したら、
遅くとも2日~3日以内には
飲み切るようにしましょう♪

 

 

スポンサードリンク

 

牛乳の賞味期限が一週間過ぎても加熱すれば問題ないって本当?

 

では、
賞味期限
一週間過ぎた牛乳
加熱すれば問題ないでしょうか?

調べてみますと、
牛乳を加熱することで
傷んでいないかどうか、
チェックすることができるそうです。

 

加熱による危険度チェック手順

  • まずは、
    牛乳を鍋に移し、沸騰させます。
  • その際に牛乳が固まったり、
    分離した時は、
    傷んでいる証拠なので
    飲むのはあきらめましょう。

※傷んだ牛乳は加熱すると、
チーズのようなボロボロした
固形のようなものが出てきます。

ちゃんと、
加熱処理すると、
食中毒を防ぐのには有効です。

賞味期限が過ぎてしまっても、
痛んでいないことを確認できた牛乳は、
過熱して、
クリームシチューなどに
使うのもいいですね♪

注意ポイント!

牛乳は加熱したら、
賞味期限を過ぎても大丈夫!
ではなく、
加熱することで、
痛み具合がわかる!

ということですので、誤解しないように!

 

 

牛乳の賞味期限のまとめ

 

牛乳の賞味期限は、
冷蔵庫で保管して、
2、3日で飲んでしまうのが
メーカーの基準です。

賞味期限が
過ぎてしまった牛乳は、
傷んでないことを確認してから
加熱して利用しましょう。

白いぶつぶつが浮かんでいる!
黄色くなっている!
すっぱい臭い!
変な臭いがする!
なめてみて苦味や酸味を感じる!

ようなら、迷わず、捨ててください!

加熱する際は、
固まったり分離したりしなければ、
煮沸して使いましょう。

賞味期限が過ぎた牛乳は、
痛んでいないことを確認したら、
過熱して上手く利用したいものですね♪

 

 

スポンサーリンク