スポンサードリンク

 

 

修学旅行でのバックは
キャリーバック?
ボストンバック?

どちらを持っていくのかが
とても、悩みどころです。

そこで、

そんな修学旅行に
持ってくボストンバックと
キャリーバックの
メリットやデメリットに加え、
オススメの大きさなどの話も
交えながら、整理していきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

修学旅行にはキャリーとボストンバックどっちがいいの?

 

 

 

修学旅行には
キャリーバックと
ボストンバック
どっちのバックを持っていこうか?
悩みどころですよね。

ちなみに、
キャリーバッグと
ボストンバッグの違いを
簡単に示しておきますね。

キャリーバッグとボストンバッグの違い

キャリーバッグ

 

 

キャリーバッグとは、
和製英語なんですが、
何かを
運ぶ(キャリー)ためのバッグ。

つまり、
バッグに車輪というか、
タイヤがついてるバッグです。

バッグが重くても、
コロコロと転がして持ち運べるので、
使い勝手が良いバッグです。

 

ボストンバッグ

 

 

ボストンバッグとは、
ごく簡単に言うと、
昔々、ボストン大学の学生が
使った旅行用の手提げかばん!
ということなんです。

つまり、
旅行に必要なモノを
十分に
入れることができる手提げカバン
ということです。

 

という違いを整理したうえで、

キャリーバックとボストンバックの
メリットとデメリットを紹介します。

 

キャリーバッグとボストンバッグの良いとこ悪いとこ

キャリーバッグ

(キャリーバッグのメリット)
  • キャリーバッグには
    4つのキャスターがあるので、
    平地や長い距離の持ち運びが楽。
  • バックにロックがかかるので
    セキュリティの面でも安心。
  • 何をどこに入れてあるのかが
    一目瞭然でわかりやすい。

 

(キャリーバッグのデメリット)
  • 重い荷物でも
    簡単に持ち運びが出来る。
  • 重い。
  • 階段や坂道、
    混んでる場所での持ち運びが
    大変。
  • 値段が高い。
  • 途中で
    荷物を出したい時に
    平にしなければいけない

 

ボストンバッグ

(ボストンバッグのメリット)
  • バッグ自体は軽い
  • キャリーバックとは違い、
    階段や坂道などで
    人が大勢いても、
    混んでる場所での持ち運びが楽。
  • 値段が安い。
  • 色やデザインが豊富。

 

(ボストンバッグのデメリット)
  • 歩く距離が長いと疲れる。
    特に女子は大変かもしれません。
  • 荷物の出し入れが面倒
  •  中に入れたものが探しにくい
  •  荷物が多くなると重くて、
    持ち運びが大変。
  •  ロックがかからないので
    セキュリティの面が不安。

 

さて、ここまで、
キャリーバッグと
ボストンバッグの

それぞれの
メリットとデメリットを
紹介しましたが、

よく比較して、
どちらにするかを
親子で相談してみましょう。

ただ、
学校によっては、
修学旅行の場合、
細やかな規定を設けている
ところが多く、
自由に
バッグを選べないということも
あるので、

事前に
先生に問い合わせてから
購入することがおすすめです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

修学旅行ではキャリーの大きさはどのくらいがオススメ?

 

修学旅行には便利な
キャリーバックの
大きさには
いくつかの種類があります。

例えば、
高校生くらいだと
ついつい、大きいものを
選びたくなるかもしれませんが、

キャリーバックを選ぶ時は
大きさが一番大切です。

あまりに
大きいものを選んでしまうと、
空きスペースが出来てしまい
中身を散らかす原因になったり、

そもそも、
大きくて
修学旅行の際に邪魔になります。

それに、
キャリーバックそのものの重量が
それなりにあるので
無駄に大きいサイズを買っても、
重くて使い物になりません。

なので、
キャリーバックを
選ぶ際は修学旅行の
日数を参考にして
決めるようにしましょう。

もし、
修学旅行が二泊三日なら
たいてい、40リットルの容量で、
なんとかなります。

もし、
三泊や四泊の場合だったとしても、
60リットルもあればいいでしょう。

90リットルの
大型キャリーバックなどは
絶対に必要ありません。

逆に
邪魔になりかねないので
気をつけましょう。

 

修学旅行にボストンなら大きさはどれくらいがオススメ?

 

修学旅行
ボストンバックで行く時も、
大きさは、基本的には、
キャリーバッグ選びと同じです。

ただ、
学生の場合は、
ショルダーに肩当てが付いていると
持ち運びに便利です。

中学生なら、
内ポケットが
豊富なボストンバッグが
使いやすいでしょう。

大きさは、2から3泊なら
50リットル入るボストンバック
で十分です。

次に
ボストンバックを選ぶ際の
チェックポイントを紹介します。

 

ボストンバッグの選ぶポイント

① しっかりとした布地

底布が
しっかりしていて
底布が厚い素材
または、
底板がある物を選びましょう。

底が丈夫だと長持ちします。

 

② 派手すぎない

デザインが
派手じゃないものにしましょう!

可愛く派手な
キャラクターものに
子供は目が行きがちです。

でも、
大きくなるにつれて飽きます。

あえて、
シンプルな物を購入し
キーホルダー等で飾り付けするなど
工夫しましょう。

 

 

修学旅行のカバンのまとめ

 

修学旅行に
持っていくバックは

キャリーバック?
ボストンバック?

どちらが良いのか
選ぶための情報を
それぞれの
メリット、デメリットで
紹介しましたが、
いかがでしたか?

よく、
お子さんと話し合って
キャリーバックか、
ボストンバックか
どちらが良いのかを決めましょう。

 

 

スポンサーリンク