スポンサードリンク

 

 

小学校の修学旅行では
お子さんにお小遣い
いくら渡すべきか迷いませんか?

もし、

何かあった時には、
親としては、
多めに持たせておきたいけれど、
無駄遣いしたり、
万が一、落としてしまったら!
と考えます。

そんな修学旅行での
お小遣いの金額
いくらが相場なのか?

多めにあげるのは
ありか?
なしか?

そんな疑問について詳しく紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

修学旅行のお小遣いの金額はいくらが相場?

 

 

 

 

修学旅行お小遣い
金額の相場について紹介します。

 

年令別のお小遣いの金額相場

まず、

小学生の場合

小学生が修学旅行に行く時の
お小遣いの相場は
3.000円~5,000円くらいだそうです。

最近の子は、
もっと、貰ってそうですが
意外に妥当な金額ですよね‼

このお小遣い、
学校によっては
特に金額が決められていない場合も
あるんです。

ですが、
その場合でも、
なるべく、5,000円よりも
多めには持たせないでおきましょう。

次に

中学生の場合

中学生ともなると、
修学旅行に
持っていけるお小遣いの金額も、
少しアップします。

大体の金額の相場は
5千円から1万円の範囲内が多く、
最も多いのは、1万円のようです。

その理由は、
中学生の場合、
自由行動中の昼食や夕食の費用や
バスや電車を利用する交通費なども
含まれていることがあるからです。

また、
中学生にもなれば、
高額な金額を自分で計画的に
使えるようになる練習の意味も
含まれているので、

1万円という金額を
指定されている場合もあるようです。

よくある話では
修学旅行で
おみやげにお金を使いすぎて、
自由行動の時の食事代が足りなくて、
友達に借りるはめになる話です。

そういうことにならないように
お小遣いを渡す時には、
しっかりと、計画的に使うことを
伝えてから、渡してあげましょう。

続いて、

 

高校生の場合は

行き先にもよりますが、
お小遣いの金額の相場は
3万円前後です。

もちろん、
それは行き先や泊数によって
異なります。

なので
必要と思われる金額に加えること、
5千円から1万円だそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

修学旅行のお小遣いを多めに渡すのはあり?なし?

 

修学旅行では、
滅多に行けない場所に行くので
子どもは、当然、お土産も
あれこれと、
欲しく、なってしまうものです。

でも、
もし、お小遣い
多めに持たせてしまうと
ある分だけ使いきってしまう!
と思います。

つまり、

緊急用にと、
お金を多く持たせたとしても、
緊急事態にならなかった場合は
自分のお小遣いとして、
自由に使ってしまうんです。

ですが、

もし、
迷子になってしまった!
などの緊急事態に備えるならば、

お金を多めに持たせるのではなく、
先生に連絡したりするなど、
どのように
行動すべきかを教えておくのが
正解です!

それから、
子どもに緊急用のお小遣いは、
必要でなければ、
絶対に使わないこと!
を言っておきましょう!

あらかじめ、
子供に伝えておく必要があります。

最近の世の中は昔に比べると
かなり、物騒になりました。

なので、
緊急用のお小遣いを
持たせたくなる保護者の気持ちも
よくわかります。

だからこそ、

お小遣いの使い方に関しても
ご家庭で、
しっかりと話し合っておいて、
緊急用のお小遣いを
持たせるといいでしょう。

なかには、
最近では少し事情が
変わってきているのでしょうか。

修学旅行のお小遣いを使わずに
残して置いて、帰ってきてから、
マンガやゲームなどと、
自分のほしい物を買う子供も
多いようです。

 

修学旅行のお小遣いのまとめ

 

修学旅行の
お小遣い事情について
調べてみました。

まず、
金額の相場とお小遣いを
多くあげるのは
ありか?なしか?
について紹介しましたが、

いかがでしたでしょうか?

まず、
修学旅行のお小遣いの
金額の相場について
もう一度まとめると、

  • 小学生のお小遣い
     ↓
    3,000円から5,000円
  • 中学生のお小遣い
     ↓
    5,000円から10,000円
  • 高校生のお小遣い
     ↓
    30,000円程度

 

そして、
最後にお小遣いを
多く上げることについては、

学校で
決められている
場合もありますが、

多く持たせる場合には
先生に相談したり、
緊急用のお小遣いは
必要がない時は使わないように、
あらかじめ、行く前に
お子さんと話するのがオススメです。

 

スポンサーリンク