スポンサードリンク

 

 

こどもの日と言えば、
兜、鯉のぼり、五月人形、
菖蒲湯、ちまき、柏餅と、
子どもの頃の色んな思い出が
蘇ってくる方も多いと思います。

そんな
5月5日の
こどもの日は祝日なのに、

3月3日のひなまつり
祝日ではない!
ことが、
損した気分になった
覚えのある女性も多いと思います。

そこで、

こどもの日が
いつから
祝日になったのか?

そして、なぜ?
という疑問に答えるために、
その理由などを詳しく紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

こどもの日は祝日なのにひなまつりが違うのは何故?

 

 

 

こどもの日
祝日なのに、
なぜ、
ひなまつり
祝日ではないのか!

その理由について詳しく紹介します。

ひょっとしたら、
ひな祭りが祝日ではないのは、

一種の男女差別なのでは?

と思ってる方も
いるかも知れませんが、
そんな事はありません。

 

実際、
こどもの日を制定する時に
ひな祭りの3月3日や
新年度の始まる4月1日を
こどもの日にしよう!

という案もあったそうです。

しかし、

3月や4月の場合だと、
日本には、
まだ、寒い地域もあります。

子どもの成長を願う日なので、
寒い時期ではなく、
どの地域も温暖で過ごしやすい
と思われる気候の5月5日に
決まったんだそうです。

ですが、

実は、
江戸時代に遡ると、
ひな祭りも
立派な祝日だったそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

こどもの日が祝日なのはいつから?

 

では、
そもそも、

こどもの日
祝日となったのは
いつからなのか?

気になったことはありませんか?

次にその理由を紹介します。

第二次世界大戦の後、
新憲法になったことにより、
新しい祝日を作るために
国民アンケートが行われたんですが、
その結果で、

3月3日と
5月5日を
両方とも、祝日にしよう
という動きがあったのでした。

ですが、

実際は、
1948年に
祝日法が施行され、
5月5日が「こどもの日」として
祝日に決定されましたが、

3月3日は
祝日には
制定されなかったのでした。

この事実を聞くと、

5月5日は
男の子の日で祝日なのに、

3月3日の女の子の日は
祝日ではない!

ということで、

なんだか、
女の子は損してる?
と思う方も多いと思います。

ですが、

新事実です!

おそらく、
知らない人の方が多いのでは
ないでしょうか?

私は知りませんでした。

実は、

5月5日は、
1948年から
こどもの日となり、祝日ですが、

もっと、昔から、
男の子の節句である端午の節句も
5月5日でした。

要するに、
そもそもが、
端午の節句とこどもの日は
起源、由来が異なる別モノなんです。

端午の節句は、
中国から伝わってきた風習で
5月5日の端午の節句は
昔から五節句の1つとして、
中国では病気や災厄を払う行事。

日本では
男の子の節句となっています。

ですが、

こどもの日は
1948年に制定された祝日法によって
定められた祝日なんです。

念のため、

祝日法で
こどもの日について、
調べてみると、

こどもの日とは

こどもの日の趣旨は

こどもの人格を重んじ、
こどもの幸福をはかるとともに
母に感謝する日

とされています。

なので、

趣旨的には、
男子のための祝日ではなく、
男女の区別もされていない!

なので
別に、
こどもの日は、
男の子だけの日ではありません!

 

そうなんです!

実は、
こどもの日は
お母さんに
感謝する日だったのです。

ちょっと、意外ですよね‼

知っている人は少ないと思います。

この「こどもの日」の趣旨は
とても素敵なのに
なぜ、
広く伝わらなかったのでしょうか?

不思議です。

ですが、

実態としては、

こどもの日が制定された後、
しばらくは、
端午の節句の名残で
男の子のお祝いとして
親しまれていたそうです。

しかし、

現在では、それも少なくなり
兄妹がいる家庭などでは
特に男女関係なく
一緒にお祝いしてあげるのが
ごく一般的になってきているようです。

してますか?
小さい子供がいないと、
わからないことかもしれませんね。

 

 

こどもの日は祝日のまとめ

 

5月5日の
こどもの日が祝日なのに、

なぜ、3月3日のひなまつりは
祝日ではないのかという
理由を紹介しました。

わかったことは

  • 3月だとまだ
    寒い地域があるため
    暖かく過ごしやすい
    5月5日が祝日になった。
  • 江戸時代まで
    実は、
    ひな祭りも祝日だった。

という事がわかりました。

もし、
お子さんに
ひな祭りは平日なのに
男の子のこどもの日は
休みじゃないの?

と聞かれたら、

「こどもの日」は
男の子だけの日でじゃなくて、
男の子と女の子の両方が
大きく、元気に育ってほしい!
と願うお祝いの日なんだよ。

だから、

女の子は
3月3日と5月5日
2回もお祝いして
もらえてお得だね!

と伝えるのもいいでしょう。

いかがでしたでしょうか。

こどもの日は
男女関係なく
子供の成長を願う日です。

そして、
お母さんに感謝する日
でもあります。

なので
5月5日は
男の子も女の子も仲良く平等に
お祝いしてあげましょう。

スポンサーリンク