大学生の一人暮らしでアルバイトすべき?一ヶ月の費用は?親の許可は?

学校関係
スポンサードリンク

 

 

大学生
一人暮らしするとなると、
何かと
お金がかかってしまうものです。

だいたい、
一ヶ月にかかる費用って、
イメージできますか?

もし、「えっ?!」
と思うような金額だと、
アルバイトが必要になります!

というか、
アルバイトすることを
オススメします。

もちろん、
勉学に支障がない程度というのが、
絶対の大前提ですが!!

しかし、
なぜ、アルバイトすべきと
私が考えているかです。

それは、
お金というものは
思っている以上に、
何かとかかるものだからです。

の許可が要るのか?
も含め、
大学生の一人暮らしの一ヶ月に
必要な費用を
私の実体験を通してご紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

大学生が一人暮らしだとアルバイトすべき?

 

 

 

大学生一人暮らし
アルバイトすべきです!
それは、
先ほども少し書きましたが
お金が何かとかかるからです。

まず、
働いている人、
つまり、社会人でも
一人暮らしでは、
けっこうなお金がかかります。

場所によっては、
家賃もピンからキリまでですが
どんなに安くても、
2万円から3万円ほどの家賃は
必要になってきます。

(東京や大都市圏だと、
もっと、高くなりますが。。。)

大学生は、
ただ、生活をするだけではなく、
やはり
大学生として、青春を謳歌したい!
という気持ちもあることでしょう。

 

20歳を超えると、お酒を飲みに
行くこともあるのでしょうから、
より交際費や娯楽費は
高校生の時よりも、
当然ながら、多くなるんですね。

でも、そこで、

アルバイトをすることで、
その交際費や娯楽費を
増やすことが可能となるわけです。
親にもらうのではなく、
自分で稼いだお金で遊ぶのです。

また、

もし、少しでも生活を楽にしたい
と思っているのであれば、
アルバイトは必須ですね。
いつまでも、
親に頼ってばかりではいけません!

アルバイトは、
もちろん働けば働くほど、
お金を貰えます。

しかし、
ただ、
お金を貰えるだけではなく、
そのアルバイトでの経験は、
社会勉強にもなるのです。

ですので、
アルバイトをすることは
成長することでもあるので、
ぜひ、
してほしいと思っています。

 

 

大学生の一人暮らしの一ヶ月にかかる費用はどれくらい?

 

 

大学生一人暮らし
一ヶ月にかかる費用
幅がありますが、
8万円から18万円ほど
だと言われています。

とはいえ、
8万円では、
まずは、無理に等しいでしょう。

💰 家賃
💰 光熱費
💰 水道代
💰 通信費
💰 食費
💰 娯楽費……

1人で暮らすとしても
たくさんの種類の費用が
かかってしまうものなんです。

家賃は、2万円から7万円。
光熱費、水道代:各3千円。
食費:自炊すれば、2万円ほど。

ただ、
外食やお惣菜を買うことが
多いようであればそれ以上です。

ざっと考えただけでも、
8万円でいけると思いますか?

私は、
ちょっと厳しいかもしれません。
いや、難しかったです。
最低でも、
12万円ほどは必要でした。

実際、どう思いますか?

外に遊びに行かなくても、
家にいればいる分だけ
光熱費がかかるわけです。

そして、
毎日、必ず、
何かを食べるわけですから、

食費というのが大きく影響します。

コンビニでオニギリでも、
学食でカレー食べても、
何かを食べる度に、
お金は消えてってしまいます。
冷静に、自分を見つめてみましょう。

朝から起きてから、
夜、寝るまでの
自分の生活の流れを
思い描くと、
何となく見えてくるのでは?

 

 

 

スポンサードリンク

 

大学生でもアルバイトするなら親の許可は必要?

 

大学生
アルバイトする時
の許可がいるのか?

というと、

もし、
あなたが、
大学生でも未成年なら、
たとえ、大学生でも親の許可は
必要になります。

「親がバイトしてもいいと
言っていました」

なんていう口約束ではだめなんです。

後で、言った言わないの問題
が出てきてしまうので、
口約束をしない会社がほとんどです。

通常、

採用する側が、
未成年を雇用する場合は
親の同意書を要求してきます。

もし、
未成年でアルバイトするのに、
親の同意書を要求しない会社は
逆に、危険かもしれない!
と思っても良いかもですね。

同意書を準備するのは、
面倒かもしれませんが、

アルバイトをしている時に、
何かのトラブルに巻き込まれるなど、
問題が起きたときに、
その同意書が必要となることが
多いからなんです。

備えあれば患いなしですね。

また、

中にはアルバイトしてることを
親に
知られたくないという人がいます。

そして、そういう人は
勝手に、
親の名前を書いてハンコを押して、
同意書を作成してしまうケースが
あるのですが、

それは止めておいたほうがいいです。
私文書偽造!です。

後々、何かあった時に
大問題に発展してしまう
可能性もあるので、絶対禁止です!

親に、きちんと、
アルバイトをする必要性を説明して
同意書を書いてもらいましょう。

 

大学生の一人暮らしのまとめ

 

大学生の一人暮らしでは、
通常のご家庭では、
アルバイトは必要だと思います。

でも、
生活費に余裕があったとしても、
アルバイトすることをオススメします。

アルバイトすることで、
学校だけでは学べないことを
学ぶことができるからです。

そして、

自分で、1円を稼ぐだけでも、
大変だということを
身を持って知ることができるため、
親に対しての感謝の気持ちを
あらためて、
感じることができる手段でもあります。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました