スポンサードリンク

 

 

梅雨も終わり、
夏の始まりを迎える6月
ジメジメとした季節も残りわずか…。

という時期ですが、

ジメジメ天気と、
バイバイしたい!と、
この時期に
北海道旅行に行こうかな…♪
と考える方は多いはずです。

ですが、
北海道と聞くだけで
寒そうなイメージがつきものです。

また、
6月となると、
梅雨のイメージがありますが、
どれぐらいの気温なのかによって、
長袖か?半袖か?
と、
服装のこと、非常に悩んでしまいます。

では、
どんな格好で行けば良いのか
札幌情報を含め、早速調べてみました!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 6月の服装は北海道でなら、何を着る?

 

 

 

 

 

6月服装北海道ならば!

と、考えたところで、
答えは出てきませんので、
気温から考えてみましょう。

気温がわかれば、
服装を決めることが容易になります。
そこで、
まずは、
北海道各地(札幌、旭川、函館)
の6月の気温を調べてみました♪

(気象庁2017年度6月気温)

北海道の6月の気温

最高気温 最低気温 平均気温
札  幌 21.5℃ 12.9℃ 16.7℃
旭  川 22.9℃ 11.6℃ 16.5℃
函  館 19.9℃ 12.1℃ 15.8℃

次に

東京、大阪、福岡、沖縄の 6月の気温

沖縄は那覇の気温です。

最高気温 最低気温 平均気温
東  京 25.5℃ 18.0℃ 21.4℃
大  阪 27.8℃ 20.0℃ 23.5℃
福  岡 26.9℃ 19.9℃ 23.0℃
沖  縄 29.4℃ 24.8℃ 26.8℃

 

 

6月の北海道は、
東京や大阪、福岡と比べると、
最高気温は
5℃前後の差があります

本州から北海道に来る際は、
少し肌寒いかったり、
涼しく感じる気温
ということが分かります。

また、
最低気温は
東京と札幌では5℃、
大阪や福岡と比べると
7℃の差があります。

日中は暖かくても、
日が沈むと肌寒く感じます。

朝晩は
冷え込むことが多くなります。
暑過ぎず、
寒過ぎない観光をするには
とても最適な気候です。

服装は、
日中は最高気温が20℃前後になり、
半袖でも、
街を歩ける日は多くなりますが、
長袖のシャツなど
羽織るものは持っていきましょう♪

朝、晩には
パーカーやトレーナーぐらいの
少し厚手の上着を持っていくと
安心できますね。

札幌や函館、旭川などは
日中は半袖でも
大丈夫な日が多くはなりますが、

日本海沿い、
道東の知床や釧路方面
気温以上に冷たい風で
寒く感じることも多いので、
日中でも長袖の上着は
必須で持っていきましょう。

道東は
太平洋から湿った空気が入り、
海沿いを
中心に肌寒い日もあるので、
厚めのカーデガンや
薄手のコートを持参しましょう。

オホーツク地域も
カーディガンやセーター、
そして、
トレーナーがあればいいですね。

 

日中は暑い時には半袖

少し肌寒い時に
着るように
長袖のシャツを常備する。

朝番は冷え込む日が多い

日中でも、
パーカーやトレーナーなど
少し厚手の上着を持つ。

 

 

スポンサードリンク

 

北海道の札幌でも6月の服装は他の北海道と変わらない?

 

 

北海道の道庁の所在地の
札幌6月服装
どんな感じなんだろう。

北海道と言えば、
日本最大の面積を
持つ都道府県です。

北海道の面積は、77,984.15 km²。
日本の島の中では、
本州に次ぐ第2位の面積で、

これは、
九州と四国を
合わせた面積55,050.77km²
を上回るほど…。

そんな広さを誇る北海道、
場所によって服装は
変わってくるのでしょうか?

まずは、
帯広の場合、
6月の平均気温は14.8度、
最高気温は20.8度、
最低気温は10.3度です。

晴れていれば、
暖かく昼間に、
半袖で良いもありますが、

オホーツク海が高気圧に覆われると
太平洋から湿った空気が入るために
曇り、肌寒く感じる日もあります。

6月の帯広

6月の帯広では、
寒暖差を
うまくカバーする服装がポイントです♪

日中は
20度を超えることもあるので、
日差しが強ければ半袖でも良いです。

ただし、
野山では
肌寒く感じることもあるので、
厚手のカーディガンや
ウィンドブレーカーなど、
風をガードできる上着を
持っていきましょうね。

また、
夜間は確実に肌寒くなるので、
上着は必須です。

次に、

6月の釧路

帯広とは
気候も温度も全然違います。
10度以上の差がある日は
多々あります。

釧路は涼しく、
霧の町と言われるように
カラリと晴れる事は少ないです。

一方、帯広は晴天率が高く、
日中の気温が高くなる日もあります。

但し、
雨が降ったりなど
太陽が出てない日は
肌寒く感じる日も当然あります。

 

 

北海道の6月まとめ

 

いかがでしたでしょうか?
北海道は調べてみると
場所によって温度差があるようです。

6月といえども、
本州と気候が違ってくるので、
風邪を引かないように、
半袖だけで
過ごすのは止めておきましょう。

気温に適した服装が
できるように長袖と半袖、
両方を
持って行く事がいいのかもしれませんね。

スポンサーリンク