スポンサードリンク

 

 

6月と言えば、父の日ですね。
父の日に限らず、
プレゼントって、悩みますよね。

実は
父の日に
プレゼントをあげるという人は
母の日に比べて、
少ないと言われています。

どうしてか?
というと、
父の日に何を上げればいいのか
分からないから、
渡さない!という人も多いそうです。
(かわいそ~)

そこで、
父の日のプレゼントについて、
定番などを含め、
色んなアイデアをご紹介します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

父の日のプレゼントは渡さないという選択肢はあり?

 

 

 

 

 

父の日
プレゼント渡さない
という選択肢は

「あり」だと思います。

それは、
母の日も含めて、
そうだと考えています。

なぜなら、
プレゼントをあげるだけが
全てではないと思うからです。

いつも、ありがとう
この一言だけで、
いいのではないでしょうか。

もちろん、
物をあげたいのであれば、
それは、それで喜ばれるでしょう。

しかし、

父の日で最も大切なことは、
父親に対しての日ごろの
感謝の気持ちです。

ですので、
結論としては、あげなくてもいいが
きちんと、感謝の思いは伝える事ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

父の日のプレゼントの定番は?

 

父の日のプレセント!
と言えば!
というような定番はあるのか?

母の日と言えば、
「カーネーション」ですが、

実は

父の日にも、
お花の定番がある!
ことを知っていますか?

バラ
もしくは
ひまわり」なんです。

バラの花は
黄色いバラの花を贈りましょう。

しかし、
父親にバラをあげるのは
なんだか気恥ずかしいわという方は、
ひまわりの花でも大丈夫です。

バラの場合は、
黄色のバラと
一緒に白いバラも混ぜて
花束にするといいでしょう。

白いバラの花言葉は、
「心からの尊敬」です。

しかし、

白いバラは、
「故人に贈る色」ともされているので
黄色のバラや他の花と
合わせることをおススメします。

また、
ひまわりの花言葉は「憧れ」「敬慕」です。
バラと比べると、
親しみやすいひまわりの花は
父の日に贈るのにはふさわしいです。

また、
お花はちょっと。。。
という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は、
もし、
お父さんがお酒を飲まれる方であれば
ステンレスタンブラーはいかがでしょうか。

もしくは、
ビールジョッキもおススメです。

どちらも、
名前をいれることができることが多く、
世界に一つだけの
名前入り専用グラスを作るのも
いいかもしれません。

次に、
ちょっと、
お高めのお酒などはどうでしょうか。

取り寄せないと飲めないような、
そんなお酒をプレセントされれば、
お酒が大好きなお父さんは大喜びです。

また、
サラリーマンなど、
まだまだ、現役でお仕事を
されているお父さんであれば、
名前入りのボールペンや万年筆
もいいでしょう。

お値段も
お手頃なものからありますので、
あまり、プレゼントに
気を使わせたくないな
とお考えの人には
ぴったりのプレゼントになります。

あとは、
お父さんの趣味を知っているのならば
それに関連したものをプレゼントすると
喜ばれること間違いなし!です。

 

たとえば、
ゴルフをしている方には、
ゴルフに関連したものを
あげると良いでしょう。

飾るものもいいかもしれませんが、
毎日、使えるものの方が
もらった側も嬉しいかもしれません。

ほんの気持ち程度であれば、
入浴剤などはいかがでしょう。

日ごろの疲れを、
きれいに洗い上げた浴槽で、
ゆっくりと湯船に浸かってもらい、
癒されてもらう。

日ごろの疲れも、
一発で、
解消してしまうかもしれませんね。

また、
毎日、使えるものとしては、
ハンカチは定番です。

とくに、
吸水のよいタオル生地のハンカチで
ブランドのものは
何枚かあってもいいでしょう。

 

 

父の日のプレゼントのまとめ

 

私は、

父の日には、お花を贈っています。
喜んでいるのかどうかは
実際には分かりませんが、
あげた時には
どこか照れくさそうにしています。

父の日にプレゼントを
あげる人は少ないのですが、
やはり、
父の日はお父さんも心の中では
ソワソワしているのではないでしょうか。

感謝の言葉は絶対に言う事と、
もし、お金や時間に余裕があれば、
ささやかでもいいので
プレゼントを用意してはいかがでしょうか。

スポンサーリンク