写真の整理ができないのは病気?大量にある場合はデータ化がおすすめ!

日々の生活
スポンサードリンク

 

 

写真の整理できてますか?

撮った写真が、
家に大量にあって、
整理できない人、多いんですよね。

思い出が詰まってて、
捨てるのはもったいない…。

ただ、大量にありすぎて
整理したいけど時間がない…。
年ごとに整理するのが面倒…。

こんな経験はあるはずですよね?

最近ですと、
写真を
データ化する傾向が増えています。

その方が、
時系列に沿って並べ替える事ができ、
整理する手間がかかりません。

ですが、
写真を整理する場合
データ化しか方法はないのでしょうか?

そこで、
他にも
方法があるのかどうか調査してみました!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

写真の整理ができないのは病気?どうすれば?

 

 

 

写真整理できない時は
病気を疑ってみてください!

なんて書くと、
少々、怖いですが、
自分を見つめるには良い機会?

かもですよ。

と言いながら、

誰でも、

旅行など楽しい事があれば、
シャッターを切る回数も
自然と増えてしまいます。

しかも、

撮った写真を
きちんと、
アルバムに保存している人は
意外と少ないんじゃないでしょうか。

なので、
写真の整理ができないからと言って
病気だということにはなりません!

ご安心を!

でも、

写真の整理にかかわらず、
とにかく、物が片付けられない!
長年、片付けができない!場合、
病気を疑ってもいいかもしれません。

 

疑う病気はおおまかに2つあります。

でも、
これは、あくまでも可能性ですから、
あれ?と思ったら、
病院にご相談くださいね。

1つは統合失調症です。

特徴的な妄想などの
精神的疾患から、
“物をため込む”ことが
スタンダードになったり
片付けない暮らしが
当たり前になってします。

もう1つは、ADHDです。

自分の行動がコントロールできず、
日常でパニックを起こすこともあり、
片付けを
放置したり放棄してしまいます。

ですが、

上記の疾患を持つ方であっても、
片付けに対しての考え方を変えれば、
改善するかもしれません。

どのようにすればいいかですが、

写真データを
印刷せずに持っている場合は、
近くのカメラショップに行きましょう。

データを渡せば
DVDに
アルバムとしてやいてくれますので、
その分時間をとりません。

逆に、

印刷して、
写真として持っている場合は、
オリジナルのアルバムを作りましょう。

マスキングテープや色紙などで
装飾しながら、作成すると、
世界に
1つだけのアルバムが出来上がります♪

ただし、
あまり、
頑張りすぎないようにしましょうね。

 

データの整理

アルバムの作成は
時間とお金が、
かかりますので高度な行為です。

できないと諦めるのではなく、
できない人が多いのですから、
自分を責めないようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

写真を整理したいけど大量にある場合はどうすれば?

 

 

整理したい写真
大量にある場合は、
どこから、
手をつければいいか困りますよね。

効率よく整理するには
どうすればいいか調べたところ
3つの方法がありましたので、
紹介しておきます♪

 

フォトブック

  • 大量の写真を
    1冊の本にプリントするサービス。
  • スマートフォンやパソコンに残した写真を
    すべてプリントできる。
  • 写真選びをする必要がない。
  • 好みの写真だけを厳選して
    プリントすることも可能。
  • 写真集のように出来上がる。
  • 写真をアルバムに
    収納する手間がかからない。

 

ポケットアルバム

  • 写真を入れるポケットが付いているもの
  • L判の写真が
    1ページ6枚~12枚入るタイプ。
  • 1冊に大量の写真を収納することができる
  • 薄くて軽いため場所を取らずに
    膨大な写真を収納することが可能。
  • ポケットに収納するだけで
    簡単にキレイなアルバムを作ることができる。

 

フリー台紙

  • 写真の大きさに関係なく
    貼ることができるアルバム。
  • 2Lサイズの写真も貼れる。
  • 色あせることなく保存可能。
  • 工作気分で整理できるため自由度が高い。
  • オルゴールが付いていてる物もある。

 

 

 

 

写真の整理はデータ化で解決できる!?

 

写真整理データ

 

最近のカメラは
気軽にたくさんの写真を
撮れるようになりました。

ですが、
なにかのきっかけで、
そのデータが一瞬のうちに
消えてしまうことが十分あります。

デジタルデータで
写真を保管しておくこと、

つまり、

カメラのデータを
そのままにしておくことは
非常に危険な行為ともいえます。

そのような事がないように
バックアップは必要です。
そのままにせず、
消えてしまわないうちに
データを保存する方がいいでしょう。

 

 

写真の整理のまとめ

 

写真は大切な記録であり、
来世へと残しておくことができます。
現代は気軽に
写真を撮れることが可能になりました。

その分、
大量の写真を
整理して保存することが必要です。

見返したい時に、
『消えてしまっていた…』
という事がないよう、
今から整理することが大切ですね♪

 

スポンサーリンク


コメント