一人暮らしに必要な費用がきつい!普通、一ヶ月で費用はどれくらい?

日々の生活

 

 

大学進学や就職などをすると
親元を離れて
一人暮らしをする方も多いはず。

一人暮らしの
一番の問題点といえば
なんといっても「お金」ですよね。

家賃、
光熱費、
電気代、
ガス代などなど・・・

実家で暮らしてると、
親が
肩代わりしてくれていたものが
今度は全部の費用が、
自分にのしかかって来るのです。

それは
とても大変です!
生活は、きつい!ですよ。

そこで、
一ヶ月でどれ位の費用が
必要なのか?

内訳はどうなっているのか?

について
紹介していきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

一人暮らしにかかる費用がきついのは自分だけ?

 

 

 

 

一人暮らしにかかる費用
何も考えずに生活してると、
すぐに、きつい!状態になります。

 

誰もが最初から
うまくいくと
いう話はありません。

ですが、
生活費がたりない。
きついというあなた‼
最近こんな事は
ありませんでしたか??

  • 食事は
    外食や出来合いのお弁当等が多い
  • 会社の先輩や同僚、
    友人等との交際費に使い過ぎた
  • 冠婚葬祭等、予想外の出費があった。
  • 働く事が出来ず
    収入が減ってしまった
  • ギャンブルや賭け事に
    お金を使いすぎてしまった。
  • 携帯代や電話代等の通信費を
    予想以上に使いすぎてしまった。
  • クレジットカードを使い過ぎた。
  • 友人・家族等にお金を貸した。
  • 水道光熱費がかさんでしまった。

原因を考えると
他にも色々ありますが・・・
なにか原因があるのであれば
それを
解決していくことが重要となります。

一番手軽な方法は
家計簿をつけて
何に一番お金を使っているのか
見直してみましょう。

今は、
家計簿のアプリも出ていて
レシートを携帯で写真を撮るだけで
勝手に家計簿をつけてくれる
物もあるので
簡単に毎日続けられますよ。

 

 

スポンサードリンク

 

一人暮らしの費用は一か月で、いくら必要?内訳は?

 

一人暮らしをするにあたって、
色々な費用が必要になります。

そこで、
一ヶ月にかかる費用の内訳や
平均を紹介していきたいと思います。

 

① 家賃

一人暮らしで、
借りる部屋に毎月支払うお金。

1Rや1Kに住んでいる人が
大多数で、
平均の家賃は55,000円程度です。

都心部から離れるほど
家賃は安くなります。

ですが、

都心部だと1LDKで家賃が
10万以上もかかる物件もあります。

でも、
フリーレントといって
1カ月分の家賃が無料
というお得な物件もありますよ。

 

② 敷金

部屋を退去するときの
原状回復する費用として、
入居前にあらかじめ払う
準備金のようなお金です。

基本的には、
原状回復にかかった費用が
差し引かれたお金が戻ってきます。
大体家賃1カ月分が目安。

 

③ 礼金

部屋を所有する大家さんに対して、
お礼のとして支払います。

敷金と違って、
退去時に返金されることはありません。

最近では
礼金なしの物件も増えています。
家賃1カ月分が目安。

※敷金礼金は物件によって
ある物件ない物件があります。

その他にも
賃貸契約する場合。
鍵交換代、火災保険料、仲介手数料など
家賃の4倍程の初期費用がかかります。

 

④ 食費

1ヶ月の食費は
外食費も含めて、
平均で30,000円程度
(1日に1,000円程度)。

外食に頼れば、
それだけ食費はかかります。
ですが、
上手に自炊をすれば
月に20,000円以下にも
抑えることは可能ですよ!

 

⑤ 水道光熱費

ガス代+電気代+水道代
を合わせて、
月10,000円程度
という方が多いです。

水光熱費も
努力次第で減らせる部分なので、
ぜひ節約生活を心がけてみましょう。

 

⑥ 通信費

携帯代やインターネットの
プロバイダ料金などを合わせて、
月10,000円程度
という方が多いようです。

物件によっては
無料Wi-Fiがある場所
もあるので探してみましょう。

また、
スマホゲームなどに課金をする方は
少し控えてみると良いかもしれません。

 

⑦ 交際費

調節が難しく、
予期せぬ出費が多いのが交際費。

時期によって、
出費が大きく変わり、
歓迎会や忘年会などの季節は
出費が増加傾向にあります。

ある程度、
予備のお金を貯えておかないと、
友達の結婚式が重なったとき
などに厳しいなんてことになりますよ。

 

⑧ おしゃれ費

洋服や化粧品、
美容院などに使うお金です。

おしゃれへの興味度や
環境によって
使う金額は大きく異なります。

月に換算すると
女性は平均で20,000円、
男性は平均で10,000円程です。

 

⑨ 娯楽費

自分の趣味に使うお金です。

友達と遊ぶためのお金は
交際費に分類します。

その人の趣味によって
出費は大きく変わりますが、

月5,000円以内に
抑えるという方が多いようです。

 

⑩ 保険料

大体
月3,000円~ 5,000円程度の
保険に入っている方も
多いようです。

 

そして、
この費用をまとめて計算すると
大体一人暮らしに必要な費用は
平均14万円ほどです。

どうしても、
生活費などを抑えたいのであれば、

外食が多いなら、自炊をする!

携帯代が高いのであれば
携帯のプランを見直す!

なるべく、無駄な買い物をしない

・・・などなど

自分なりの
節約方法を探してみましょう。

 

一人暮らしの費用のまとめ

一人暮らしの費用
についてまとめてみました。

改めて、
一人暮らしには
沢山のお金が必要なのが、
わかりました。(のでは?)

家賃や
敷金、礼金、光熱費など合わせて
だいたい、平均約14万円程。

貯金などをして
ある程度生活費を
抑えたいのであれば、

まずは自分が何に
一番お金を使っているのか
家計簿などを
つけて見直してみましょう。

最初からできる
人間なんていません。
まずは、
色々チャレンジしてみましょう。

 

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました