女性の一人暮らしで一階はメリットあるの?物件の選び方は防犯を重視!

日々の生活
スポンサードリンク

 

女性の一人暮らしで
重要なのは何だと思いますか?

駅からの距離?
家賃の安さ?

それとも、
女性らしい可愛い外観でしょうか?

 

本当に安心して、
一人暮らし
ノビノビ生活を送ろうと思うなら、
家賃の安さや見た目の可愛らしさを
求めるのはやめておきましょう。

 

思っている以上に
女性の一人暮らしは
危険がいっぱいなのです!

身辺の安心安全を第一に考えると、
いったい、どんな住宅が最適なのでしょう。

一階は便利だけど、
便利さ以外にメリットある?

なんてことを

物件の探し方や
普段からできる防犯対策も含め、ご紹介します!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

女性の一人暮らしで一階はメリットある?

 

 

 

 

 

女性
一人暮らし一階に住むメリット
なに???




引っ越しが楽なこと!

そして、

下に人が住んでいないから
足音などに気を使わない!
という程度のことでしょうか。

それに対して、
女性が一階に住むことでのデメリットは
かなり、大きい!と言えます。

 

まずは、セキュリティー

一階の最大のデメリットは、
セキュリティーの低いこと!

玄関からも窓側からも、
侵入されやすいのは1階です。

そして、
カーテンの色や洗濯ものが
外から目につきやすいため、
女性の
一人暮らしと特定されやすいのです。

そして、プライバシー

また、カーテンを開けると
外から部屋の中が
丸見えになるケースもありますし、

夜はカーテン越しのシルエットで
何をしているのかなどの生活が
筒抜けになる可能性があります。

もちろん2~3階でも同様ですが、
1階は特に目につきやすく、
侵入されやすいのがウイークポイントです。

 

 

女性の一人暮らしの物件の選び方のコツ!

 

女性が一人暮らしの際の
物件の選び方のコツを伝授します!

 

女性の一人暮らし物件の必須条件

既に
デメリットをご紹介したように、
女性が一人暮らしするなら、

 

2階以上がおすすめです。

セキュリティーを考えると、
当然ながらの条件と言えます。

さらに、

オートロック

オートロックも
必要最低限の条件です!

そして、

 

防犯上の必須のツール

★ モニター付きドアフォン
★ エレベーターの防犯カメラ
★ 駐輪場の防犯カメラ

も、当然ながら、必須条件です!

 

できたら、
管理人が常駐していると安心です。

こんな防犯対策万全な賃貸物件ですが、
昨今、
こんな女性専用アパートも増えてきました。

 

でも、
まだまだ、数は少なく、
家賃は高めに設定されていて、
学生さんでは、
ちょっと手が届かないかもしれません。

せめて、
2階以上でオートロック!
家賃と折り合いをつけながら、
最寄り駅から遠くない方が安心です。

遠くなるにつれ、
街灯の数も減り、
帰り道に犯罪にあうケースもありますね。

気を付けていても
地理的に
犯罪に巻き込まれやすい地域はあります。
そんな所は避けましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

女性の一人暮らしでは防犯対策が大事です!

 

 

女性一人暮らしでは、
いくら、セキュリティーが充実していても、
防犯対策は必須!
気を抜いてはいけません。

 

同じように、
経済的な理由で
セキュリティーの低い場所に
住んでる場合は、

防犯に関しての意識持つことで、
犯罪に巻き込まれる可能性は低くなります。

一人暮らしの自衛として必要なことは、
周りに、
女性の一人暮らしだと思わせないことです。

洗濯ものを
外に干さないのは当たり前ですが、
カーテンもお花柄やピンクなど、
若い女性らしい模様は避けて、
遮光性の強いカーテンにしましょう。

 

そして、
玄関のカギは
二重ロックがおすすめですが、
工事が必要な時、賃貸の場合は、
大家さんの許可が必要だったりするので
問い合わせましょう。

 

暗号プッシュ式のロックや
リモコン式なら工事は不用です。

また、

 

簡単な防犯対策

 

🙂 表札は出さない、
🙂 集合ポストはいつも空にしておく、
🙂 男物の靴を玄関に置いておく!

などは簡単にできますよね。

さらに、
簡単に窓から侵入されないように、
窓にも二重ロックを施し、
防犯フィルムを貼っておきましょう!

外からハンマーなどで、たたいても
簡単に窓ガラスが割れないようなフィルムが
簡単に張り付けられます。

 

 

女性の一人暮らしのまとめ

 

女性が
巻き込まれる犯罪の6割は
屋内で発生しています。

屋内というのは、
空き部屋に連れ込まれたり、
自宅の玄関や窓から
侵入されたりするケースです。

それほど、
女性の一人暮らしは
危険と隣り合わせ!
と考えておいたほうがいいでしょう。

女性専用のアパートに住むのを
おすすめしますが、
数も少なく、
家賃が高いのもデメリットです。

せめて、
2階以上のアパートに住み、
日頃から防犯意識を持って、
付け入る隙を
与えないようにすることが大切です。

 

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました