小学校入学の準備にはいくら必要で部屋などはいつからする?

子育て

 

 

つい、
この前まで、
赤ちゃんみたいだったお子さんも
あっという間に、
小学校入学する年齢です。

幼稚園のような送り迎えがなくなり、
大きなランドセルを
背負い始める日のために、
いろいろと、
準備すべきことは多いのですが、

初めてだと、
小学校への入学に、
いくら必要なんだ?
というのは、わからないでしょうし、

子供の勉強部屋なんかも
いつから
準備すべきなのかもわからないもの。

いったい、
どのくらいお金がかかるのでしょうか?
そして、
勉強机や部屋の準備などは、
いつ頃からしたらいいのでしょうか?

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

小学校入学の準備にはいくら必要?

 

 

 

 

小学校入学までの準備
いくら必要なのかは、

自治体や家庭、
そして、学校によって変わりますが、

だいたいのところを
紹介してみたいと思います。

入学前に、
揃えておく学用品は、

通学帽、
赤白帽、
防災頭巾とカバー、
体操着、
文房具類、
袋類

などという感じでしょう。

学校指定のものも、
あったりして変わってきますが、
だいたい2万円前後かかります。

プラス、
入学前に買っておくものは

  • ランドセル
  • 学習机
  • 入学式用スーツ
です。

まずは、

 

ランドセル

ランドセルは
けっこうなお値段なんですが、
3~5万円が相場で、
平均4万円と言われています。

でも、ランドセルの場合は、
祖父母からのプレゼントだったり、
お兄ちゃんやお姉ちゃんの
おさがりの場合もあるので、
予算的には0円から4万円ですね。

そして、

 

学習机

学習机は、
1万円台から10万円台までピンキリ。
家庭環境や
家族構成で選ぶといいでしょう。

 

さらに、

入学式用のスーツ

入学式用のスーツの相場は
まあ、15,000円程度です。

特に小学校の入学式は
お父さんもお母さんも
揃って出席することが多く、

子どもに似合う、
または、
好きそうなドレスやスーツを着せて
一生の思い出にしちゃえ!
という家庭が多いようですね。

結局、
すべてを合わせると、
入学前にかかる費用は
2万円から20万円ほど。

もちろん、
家庭環境や
おさがりの利用の程度で
費用は変わってきます。

 

 

小学校の入学の準備は部屋のスペース確保も重要!

 

子どもの
一人部屋が確保できるなら、

小学校入学を機に、
自覚を持たせるためにも、
添い寝をやめて、
一人部屋を
確保してあげるのが、オススメです。

自分の部屋の管理、
一人で寝る習慣を
つけるの良いチャンスです。

ただ、家の都合で、
部屋を作って揚げられない場合でも、
小学校入学を機に
自分の整理整頓できるスペースを
作ってあげることが大切です。

勉強や宿題は、
リビングで済ませてもいいでしょう。

でも、
ランドセル置き場や
教科書を置く専用のラックは
準備してあげましょう。

小学校からは、
自分で自分の持ち物を
管理させるように
教えてあげるのも親の務めです。

 

 

スポンサードリンク

 

小学校への入学準備はいつからするもの?

 

入学準備には、
それぞれ、
ベストな購入時期があるので、
それを間違わないようにしましょう。

入学前の冬か秋に説明会が行われます。
面倒かもしれませんが、
この入学説明会には出ておくべきです。

この時、渡されるリストに沿って、
学用品の準備が早めに取り掛かれます。

体操着、体育館履きなど
学校指定の場合もあるので、
その購入場所も把握しておきましょう。

また、文房具など、
キャラクター物は禁止であったり、
色指定のある場合もあるので、
説明会でしっかり聞いておきましょう。

ただし、
ランドセルに関しては
早めの行動が必須です。

早ければ、
年長の春から、
注文開始が始まるランドセルは、
ほとんどが受注製作になるので、
夏までに予約しないと
入学式に間に合わない可能性も!

ランドセルに関しては、
早めの行動が必要です。
要注意です!

 

 

小学校の入学のまとめ

 

早めに、
準備しておきたい気持ちもありますが、
入学説明会を待って,
買うものもありますね。

また、

早めに、
準備しなければならないランドセル、

そして、

自立してもらうために、
部屋の準備や収納スペースの準備など、
幼稚園と小学校では、
ちょっと違った準備が必要なんですね。

子どもも、ママも、トラブルなく、
小学校生活へシフトしていくために、
計画的に準備をしておきましょう。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました