コラーゲンは肌に塗ることで浸透する?効果は期待できる?

美容
スポンサードリンク

 

歳とともに増えるしわや、
重力に逆らえない皮膚のたるみ。
なんとかならないでしょうか。

ぷるぷるのお肌といえば、
コラーゲン。

でも、
コラーゲンって、
飲んで内側から潤わせるもの?

それとも、
に、
直接、塗る浸透する?
効果があるの?
そんな疑問にお答えします。

 

 

スポンサーリンク

 

コラーゲンは肌に塗るとよい?

 

 

コラーゲン
塗ると良い!
と思ってる人も多いようですが、

果たして、そうなのか?

コラーゲンの市場規模は
約550億円。

そして、
プラセンタで122億円と
言われています。

中でも、
経口コラーゲンの
大手のニッピコラーゲンは
右肩上がりで、
売り上げを増やしています。

中高年層がスマホなどで、
簡単に買えるようになったのも
原因のひとつですが、

多くの人がコラーゲンに対して、
関心を
持っているということの証拠でしょう。

コラーゲンとは、
体内で作られるたんぱく質の一種。
繊維状のたんぱく質です。

体内で作られるたんぱく質のうち
30%がコラーゲンになり、
軟骨や骨、肌、血管や内臓になります。

ただ、
歳とともに、
コラーゲンはだんだんと作られなくなり、

40代になると、
17~18歳の頃の
半分以下になってしまいます。

お肌に直接塗ることで、
コラーゲンを
肌から摂取できたらいいですよね。

 

 

コラーゲンは肌に浸透するの?

 

コラーゲン
浸透するのか?

残念ながら、
コラーゲンという大きい分子が
お肌の表面である角質層を通過して、
その下の表皮細胞膜に
入り込むということはありません。

 

角質層は
外気のウイルス、細菌また化粧品などが
侵入できないように
守ってくれているバリアのような壁だと
思ってください。

お肌に塗ったコラーゲンは
角質層に水分を保たせ、
しっとりさせることが主な目的です。

お肌のハリは、
角質層の下の真皮層を
作るコラーゲンでできた弾力繊維。

これが、
肌の弾力と栄養を保ってくれます。

ということは、
コラーゲンを
飲んだらいいのでしょうか?

これも残念ながら、

口から摂取した一部は、
もちろんコラーゲンになりますが、

良いコラーゲンであっても、
体内で一度、アミノ酸に分解され、
その内のごく一部だけが
コラーゲンになるのです。

どんなに分子を小さくしても、
それがダイレクトに
お肌の栄養、弾力に届く!
わけではないことを
覚えておくといいでしょう。

では、どうしたらいいのでしょうか。

基本は、
様々な動物性、植物性タンパク質を
まんべんなく摂ること。

あと、大事なのは、

アミノ酸から
タンパク質、コラーゲンを合成するには、
ビタミンCが必要なので、
意識して、
ビタミンCを摂るようにすることです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

コラーゲンの肌への効果とは?

 

もう一度、
コラーゲンに塗ると
効果があるのかを考えてみます。

ちまたでは、
コラーゲンの入ったスキンケア化粧品が
販売されているのは、なぜでしょう。

それは、

コラーゲンは保湿剤として、
お肌を乾燥から守ってくれるのが
主な役割だからです。

お肌の乾燥は
シワ、かさつきだけでなく、
角質層のバリア機能の低下を招きます。
そうなると、大変!だからです。

シワやかさつきだけでなく、
様々な肌トラブルを回避するために、
保湿はとても大事なんです。

使い方としては、
美容液、乳液などのスキンケアの最後に
フタをするように、
コラーゲンを塗ること。

すると、
コラーゲンがお肌の乾燥を防いでくれます。

肌に塗ることだけで、
内側からのハリは望めませんが、

外側の壁をケアして潤わせておくには
コラーゲンは効果的なんです。
つまり、
美肌作りには非常に大切な存在なのです。

 

 

コラーゲンと肌のまとめ

 

皮膚の内側から
支えてくれるコラーゲンの
最大の敵は紫外線です。

コラーゲンは
日光で破壊されてしまうので、
一番外側で表皮、新表皮を
頑張って守ってくれている角質層を
ケアする必要があります。

日焼け止めクリームは
春からではなく、1年中使うこと。
乾燥から守るため、保湿に気をつけること。
これが、数少ない、
コラーゲンを守るためにできることです。

あと、
お肌にとって大切なのは、
普段の生活です。

まず、睡眠。
成長ホルモンが分泌されるように
良い睡眠をとるようにしましょう。

ゴールデンタイムと
言われている22時から翌2時が
大事と言われていますが、

これも諸説あり、
入眠後3時間で、
分泌されるとも言われてます。

いずれにしても、
肌のターンオーバーを促すために、
早寝早起きは効果的です。

また、

コラーゲンの素であるタンパク質と、
アミノ酸から
コラーゲンに形成される時に
不可欠なビタミンCを
バランスよく食事から取ることも重要です。

もちろん、ほかの栄養素もとても大事。

バランスのとれた食生活は
美肌への近道だと思ってください。

そして運動。
一駅手前で降りてウォーキングするなど、
普段の生活に
適度な運動を取り入れるといいですね。

  • 良い睡眠
  • ビタミンC
  • 適度な運動
この3つが
コラーゲンで肌のハリを保つコツです。

ちょっと気をつけて生活することで、
高いコラーゲンサプリを
買わずにすむなら嬉しいですね。

スポンサーリンク


コメント