スポンサードリンク

 

 

冬の時期は、
室内も乾燥しやすく、
インフルエンザなどの
感染症にかかる方が増えます。

部屋を閉め切って、
しっかりと暖房した温かい部屋も
気がつくと、からっから!

という具合に、
いつの間にか、
乾燥してる!
なんていうことがあります。

冬の時期に
風邪をひきやすい人や
お肌や唇が乾燥しやすい人、
毎年インフルエンザになる人、
という感じで、

困ってしまうような人は、
特に、
部屋の乾燥には
十分に注意した方が良いですね。

部屋の乾燥対策には、
加湿器がおすすめですが、
手軽にできる乾燥対策の一つに
濡れタオル」を
干す方法があります。

ここでは、
濡れタオルを使った効果的な
お部屋の乾燥対策法をお伝えします。

また、よく耳にする噂の一つ、
濡れタオルを部屋の中で振り回すと、
すぐに加湿できる?
というストーリーについても、
ちょっと調べてみました。ご参考に!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 乾燥してると濡れタオルを干すのは本当に効果があるの?

 

 

 

 

 

乾燥濡れタオル干す
という関係、

実は、
お部屋の加湿方法として、
昔からよく行われていますし、
「濡れタオル」による加湿は
意外と人気があります。

あまりにも、
簡単で拍子抜けしてしまいますが、
濡れたタオルを
お部屋の中で干すだけの
お手軽で簡単な加湿方法です。

でも、
本当に乾燥対策としての効果は
あるのでしょうか?

室内に
洗濯物を干すのと
同じようにするだけで、
乾燥した室内に
濡れタオルを干していると、

濡れタオルに
含まれている水分が
ゆっくりと蒸発し、
お部屋の中の空気が潤っていきます。

アナログというか、
原始的な加湿方法ですので、
加湿器のような即効性はありません。

濡れタオルと同じように、

真冬の時期には、
毎日、お洗濯をする方であれば、
屋外だけではなく、
室内に洗濯物を干すだけでも
お部屋の乾燥対策になる!
ことがよくわかります。

濡れた洗濯物やタオルは、
ゆっくりと乾いていきますので、
その間、ちょうどいい湿度が保たれます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

乾燥してるときに濡れタオルを振り回すのも良いって聞いたけど本当?

 

乾燥した部屋で、
濡れタオル振り回す

この乾燥対策は本当でしょうか?

いつものお部屋の中なら、
加湿器や湿度計も
用意することができますが、

外出先やホテルなどの
普段とは環境の異なる場所に
滞在する場合などは、
すぐに
乾燥対策ができないことがあります。

そこで、
外出先でも、
すぐにできる乾燥対策!

といえば、
濡れタオルによる加湿です。

屋外やお部屋の状態により、
うまく室内の湿度を保てない場合は、
濡れたタオルを振り回すと
すぐに加湿され、室内が潤います。

濡れタオルによる加湿は、
即効性があり、
室内をすぐに加湿できます。

濡れタオル振り回す加湿法の手順

1.タオルにお湯を!

お湯をタオルに含ませ、
水が滴り落ちない程度に
タオルを絞ります。

2.室内で振り回す

絞った濡れタオルを
室内で振り回すと、
大量の水蒸気を
室内に放出することができます。

とはいえ、
濡れタオルを室内で
ブンブン振り回すのは大変です。

長時間、
続けていると腕が疲れてきます。

3.家電を活用する

なので、
扇風機やサーキュレーターで、
さらに
加湿効果を高めるわけです。

でも、

旅先や出張先では
サーキュレーターまでは
用意されていないことがあります。

でも、
扇風機なら、
貸し出ししてくれるところがあります。

濡れタオル加湿法では、
どこの家にも
あるはずのタオルだけで、
お部屋の潤いをキープできます。

なお、
旅先のホテルでの乾燥対策には、
お風呂のバスタブにお湯を張り、
お風呂場のドアを全開にしておく!
という方法もありますので、お試しを!

 

乾燥と濡れタオルのまとめ

冬場の寒い時期、
乾燥しているお部屋の室内に
濡れタオルを干すと、
加湿効果があります。

加湿器のような即効性はないですが、
タオル一枚で実行できる
お手軽な方法で、
室内が潤い、お金もかかりません。

今すぐに、
加湿させたい場合は、
濡れたタオルを室内で振り回すと、
効果抜群です。

濡れタオルをずっと振り回すのは、
大変だという方は、
サーキュレーターや扇風機で、
干したタオルに風を当てて、
乾燥を早めてあげるといいでしょう。

 

スポンサーリンク