スポンサードリンク

 

 

暑い暑い夏には、
海やプールで
水着になる人は多いはず。

そんな時に
ムダが気になって
あまり楽しめない!
そんな経験はありませんか?

最近は
女性だけでなく、
男性も水着の時の自分のムダ毛を
どうにかしたいと思う人が
増えてきているそうです。

水着を着る時だけ
自分で、
処理するという人も多いようです。

でも、
全身を脱毛するとなると
時間と労力がかかるものです。

そこで、
水着を着るときの毛の処理について
まとめておきますね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

水着になるなら毛の処理するのは当たり前?

 

 

 

水着になると
肌の露出度が高くなります。

その時に
せっかくのお気に入りの
水着を着ても、
ムダが気になってしまうと、
気分は最悪!

なので、
気になる方は
あらかじめムダ毛を
処理するのことをおすすめします!

 

 

 

水着になるなら毛の処理はどこまでやればいいの?

水着を着る時に
無駄処理
どこまで、どうすれば良いのか?

非常に悩むものです。

なので、
ムダ毛を処理すべき箇所と
注意点などを紹介します。

 

毛の処理すべき場所

Vライン

女性の水着時の
ムダ毛のトラブルで
圧倒的に多い箇所です。

普段は見せる事が
少ない部位なので
うっかりしてしまう事が
多い箇所です。

処理するときの注意点は
VラインとIラインの
バランスです。

Vラインを綺麗にして
大丈夫と思ってたのに、

Iラインの長い毛が
はみ出ていたりするので、

Vラインを自分で処理する時は
VIO全体の毛の長さも
チェックしましょうね!

 

Vラインの次に見られると
恥ずかしいのがワキのムダ毛です。

露出が多い夏は
しっかりと処理しましょう。。

ですが、
涼しくなると
処理を忘れがちな箇所です。

冬でも、旅行などで
水着になる機会もあって、
そんな時にうっかり!
という事は避けたいものです。

処理する際の注意点は色素沈着。

特に
自分でカミソリを使用する人は
一番悩むところです。

いつも、

ムダ毛の無い状態に
したいところですが
カミソリで、あまり剃りすぎると
肌へ負担がかってしまい、
色素沈着の原因になってしまいます。

 

お腹

女性の場合は
お腹のムダ毛は産毛程度なので
あまり気にならない方も
多いようです。

ですが、
お腹の毛が濃い方は
やはり、気にしてしまう部位です。

注意点は
お腹のムダ毛が気になる人は
それなりの太い毛が生えているので、
目立ってしまいます。

もし、
水着を着る際のお腹の毛の処理は
直前にすることをおすすめします。

処理してから
時間が経過してしまうと、
生えかけの太いぷつぷつとした
毛が目立ってしまう事も
あるので注意しましょう。

 

腕の毛は
普段から脱毛したり
脱色したりと、
処理している方も多いです。

例えば、
他が綺麗なのに
腕に、ムダ毛がびっしり!
なんてことになると
見た目もよろしくないですよね。

なので、

他を綺麗に処理して、
ある時には
最後の仕上げとして、
腕のムダ毛のチェックをして、
水着を着ましょう。

注意点は自己処理を繰り返すと
肌トラブルを招いたり
毛が濃くなると感じることが
あるので、注意が必要です。

 

足は腕と並んで
普段から綺麗に脱毛している
部位です。

注意点は腕と同じで
自己処理を繰り返すと
肌トラブルを招いたり、
毛が濃くなったりする可能性が
あります。

そうならないためには
自己処理を行ったら
しっかりと保湿しましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

水着になるなら毛の処理は背中もすべき?

 

水着になる時には
処理背中もすべきか?

って、人それぞれですが。。。。。

少なくとも、
普段、生活していて
自分では
見えないのが背中のムダ毛。

気にしない人も多いですが、
水着などを着て
他人から指摘されて
恥ずかしい思いをした方も
多いと思います。

背中は範囲が広く
水着を着ると露出される
ことが多いので目立つ場所です。

なので、
水着をバーフェクトな
つるつる肌で着たい時は
しっかりと処理したい箇所です。

注意点は
自分では背中のムダ毛を
処理する事が出来ないので
事前に
脱毛をお願いできる家族や友人に
やってもらうか、

あるいは、
サロンなどで
処理することをおすすめします。

 

 

水着になるなら毛の処理!のまとめ

水着を着るときの
無駄毛の処理について
紹介しましたが、いかがでしたか?

水着を着る時に
恥ずかしい思いをしないために
水着を着る前に
しっかりと処理しておきましょう。

 

スポンサーリンク