スポンサードリンク

 

 

 

6月
結婚する花嫁は幸せになれる💛」

そんな言葉を
聞いたことはありますよね?

6月の花嫁のことを
ジューンブライドとも言いますが、
これはヨーロッパの伝統です。

でも、その言い伝えが
ロマンチックであることから
日本でも人気の風習となってる訳です。

では、
6月の結婚
なぜ、良いと言われているのか、
6月に挙式を上げるカップルは
実際に
多いのかどうかなど調べてみました♪

(ロマンチックじゃないですが。。。)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 6月に結婚するのはなぜ良いのか?意味は?由来は?

 

 

 

 

 

6月結婚するのが、
なぜ、良いのか?

特に、
日本の6月は、
梅雨の時期なので、
決して、良い時期とは思えない!
ですよね?

暖かい季節ではありますが、
雨が多いため、
結婚式に適した月とは言えません…。

そんな中、
ジューンブライドが広まったのは
戦後だと言われています。

それまでは、実際にも、
6月に結婚式を挙げるカップルは
少なかったようです。

しかし、
ジューンブライドの良いイメージが
広まった現在の日本では、
ジューンライドに憧れて、
6月の挙式を
希望するカップルが増えています。

では、
6月に結婚式を挙げる
「ジューンブライド」
には、
どのような意味があるのでしょうか?

ヨーロッパが起源である
ジューンブライドの由来には、
3つの説があります。

 

一つ目の説

これは、

ローマ神話の主神・ユピテルの
妻である女神ユノを由来とする説
なのですが、

ユノは、
結婚や出産、育児の象徴とされており、
女性や子供、
家庭の守護神とも言われています。

実は、

ローマ神話では
1月から6月まで、
それぞれの月を守る神がいます。

結婚の象徴であるユノが
守っている月が、そうです!
6月なんです。

6月は英語でJune、
ユノは
アルファベットでJunoと書きます。

このことからも、
ユノが、
6月の英語名ジューンの由来に
なっていることも分かるでしょう。

「6月に結婚すると
幸せな結婚生活を送ることができる」
と言われる理由は、

結婚の女神ユノが
6月を守護していることに由来しています。

 

二つ目の説

6月は結婚が
解禁になる月だったという説

かつてのヨーロッパでは
3月、4月、5月の3ヶ月間は
農作業が大変忙しくなる時期でした。

そのため、
3月、4月、5月の3ヶ月間は
結婚が禁止されていました。

結婚が
解禁される月が6月だったため、
結婚を
待ちわびていた多くのカップルが
6月に一斉に結婚式を挙げたことで
ジューンブライドの由来とする説です。

6月は
多くの人から祝福されるため
幸せになれる、と言われています。

しかし、
いつ頃のヨーロッパの話か分からず、
また、本当に
結婚式が禁止されていたのかも
定かではないというのは事実です???

 

三つ目の説

6月の
気候・時季が結婚式に最適な説

ん?????(日本と逆?!)

ヨーロッパでは、
6月は1年間で最も雨が少なく、
天気の良い日が多い時季にあたります。

天気にも恵まれ、
多くの人に祝福してもらえることから、
6月に結婚式を挙げると
幸せな
結婚生活を送ることができるだろう
という説が生まれました。

いかがでしょうか?
こんな三つの説が存在していますが、
あなたなら、どの説に一票!ですか?

 

 

スポンサードリンク

 

6月の結婚が多いのはホント?ナンバー1は何月?

 

では、
6月結婚が本当に多いのか?

結婚式の日程について、
何月が人気なのか気になりますよね。

「ジューンブライドの6月」
が一番!
と連想する方も多いかと思いますが、

実は日本は、
6月の挙式が一番人気!
というわけではありません。
むしろ、
6月は人気が無い月とも言われています。

そりゃ、そうかもしれません。
梅雨の時期なので、
気温が高く、
ジメジメしていて、
雨の日が多いのですから、

結婚式に招待された人々も、
暑くて、着物が着られない!
化粧直しが面倒!
良い洋服なのに、汗をかきたくない!
なんて感じで、

おそらく、いや、間違いなく、
招待客には不評でしょうし、
花嫁もイヤなのではないでしょうか?

四季折々の美しさを誇る日本は、
それぞれの月で、
思い思いの挙式を挙げることができます。

特に人気なのが春と秋です。
理由としては気温もちょうどよく、
気候も安定した時期なので、
希望するカップルが多いということです。

そして、
その中でも、
最も人気なのが10月です。

気候も安定していて、
年間を通して、
晴れが非常に多い月でもあります。

さらに、
春の悩みのタネである花粉もないため、
屋外ウェディングにぴったりだからです。

また、美味しい食材が多く、
おもてなしできるのも、
秋の魅力と言えるでしょう♪

 

6月の結婚式のまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

基本的に
結婚式の人気シーズンは、
春と秋になります。

特に10月は、
毎年人気がある月なので、
この時期に結婚式を挙げたい方は
早めの予約がオススメです♪

ですが、
人気の月だからといって、
それに合わせる必要はありません。

それが、
自分たちの結婚式に
合った時期かどうかは
また別問題ですので、

それぞれの月の挙式が
自分たちに合っているかを意識して、
自分たちらしい最高の結婚式を
挙げたいものですね♪

スポンサーリンク