リモコンの掃除は木工用ボンドが良い?綿棒?それとも、100均アイテム?

日々の生活

 

テレビのリモコンに、
エアコンのリモコン、
きっと、お掃除したことないですよね?

実は、
リモコンには、
メチャ多く雑菌が付着しています!

日々、
誰かが必ず触るリモコン。

リモコンを触るその手は、
家の中や
外で色々なものに触れています。

となれば、
リモコンに菌やゴミやホコリが
付着するのは当たり前!

なので、
リモコンの掃除はとても重要なことです。

軽く、布で、
拭いたりはしているかと思いますが
それでは、
ボタンの間に入った細かいゴミや埃などは
取れていないのです。

ゴミや埃が残るということは
そこに菌も残ってしまうということ…。

そこで、ここでは、
木工用ボンド綿棒
そして、100均で手に入るアイテムで
掃除する方法をご紹介します。

大人も子供も、
毎日使う道具なだけあって
出来るだけ清潔にしておきたいですよね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

リモコンの掃除は木工用ボンドで爽快にやっちゃう!

 

 

 

 

 

リモコン掃除
木工用ボンドにおまかせ!

 

リモコンを掃除しようと思い、
いざ取り掛かると
意外にも面倒なことに気が付きますよね。

ボタンとボタンの間を綺麗にしたいのに
布では
細かい所まで届かず拭ききれない…。

ボタンについた汚れが取れない…。

実は
リモコンについたゴミや埃を
スルッと、
気持ちよく取り除く方法が木工用ボンド!

なんですねえ。

 

え、
木工用ボンドって、

接着するものじゃないの?

リモコンが壊れるんじゃないの?

取れなくなったらどうするの?

などなど、
疑問が溢れてきますよね。

ですが、

木工用ボンドをリモコンに塗り、
固めて、剥がす!
という極めて簡単な方法で
リモコンについたゴミや埃を
取り除くことができるのです。

私も試してみましたが、
剥がす際の気持ちよさが
なんとも言えませんでした!(笑)

ボタンの日焼けや
染み付いた汚れは取れませんが、
ゴミや埃はしっかり取れて、
ちゃんと綺麗になりました!

皆さんも是非試してみてください。

 

木工用ボンドでの掃除方法

①リモコンの電池を全て抜く

故障の原因になるため、電池は抜きます

 

②木工用ボンドをかけます

ボタンがある面に
ボンドを思いっきりかける
たこ焼きにソースなどをかけるような感じ!

 

③木工用ボンドを伸ばす

かけたボンドを広げて、
厚さを均一にします。

 

③待ちます!

乾くまで放置しますが、
乾くまで、最低24時間かかるので、
その間、
リモコンは使えませんので、ご注意を!

 

④透明になったら

木工用ボンドは
乾くと透明になります。

 

⑤剥(は)がします

剥がせるくらいに、
しっかりと、固まったら、ベリっと剥がします。

一気に、汚れを取ることができます!

もう、お分かりと思いますが

この方法には一つデメリットがあります。

ボンドが乾くまで、
テレビのリモコンが使えない
ということです。

剥がす時は一瞬なのですが、
ボンドを乾くまでの間は
テレビ本体のボタンで
操作することになりますので
ご了承くださいね…。

 

 

リモコンの掃除を綿棒でもできそうだけど。。。

 

リモコン掃除綿棒で!

木工用ボンドを使う方法は、
なかなか、スカッとスッキリ!なんですが、
絶対に、故障しないとは言い切れません。

失敗して、
ボタンが効かなくなったりしては
掃除をした意味がありませんよね。

ボンドを使うのが怖い!
という人は綿棒を使いましょう。

ボタンとボタンの間を
掃除するのに役立ちます。

綿棒を使う前に
掃除機などで大きめなゴミや埃をとり
細かいところで、
綿棒を使うようにすると良いですよ。

そして、
ゴミを取った後は
ウェットティッシュなどで拭いて完了!

 

 

スポンサードリンク

 

リモコンの掃除を100均のお役立ちアイテムで!

 

この他にも、
100均のアイテムで
リモコン掃除ができます。

綿棒の先に
ハンドクリームをつけて使うと
皮脂や油分を浮かせてくれるので、
綺麗に取り除けます。

さらに、
ティッシュの代わりに
マイクロファイバーを使えば
細かいゴミなどを逃さずに、
キャッチしてくれます。

あとは
重曹や中性洗剤を薄め、
綿棒の先に付けて使うという方法です。

アイテムを使うことで、
効率よく掃除ができるので
リモコンを綺麗に保つことができますよ!

 

リモコンの掃除のまとめ

 

どの方法にも言えることですが
必ず、
電池を抜いてから掃除をしてください。

故障させてしまっては
綺麗にしたのに買い直し…
なんて、
悲しいことになってしまいますからね。

毎日触るものだからこそ、
清潔に綺麗に保っていきたいですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました