思春期の女の子との接し方は?特徴ある?対応はどうする?

子育て
スポンサードリンク

 

子供が
小学校の中高学年になり、
思春期を迎えると、
幼少期とは
ガラッと、様子も変わってきます。

そんな思春期を迎えた娘との
接し方が分からない人、
多いのではないでしょうか?

そんな思春期を迎えた女の子には、

何か特徴はあるのか?
どう対応すれば良いのか?

なんてことをご紹介します!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

思春期の女の子との接し方は難しい?

 

 

 

思春期
女の子との接し方
女の子の場合、難しそうですよね。

今まで、
家族で出掛けるのも、
嫌がらずに来ていたのに

思春期を迎えると、
「一緒に出掛けよう」と誘っても
「私、行かない」なんて、
言われたりしませんか?

多かれ少なかれ、
思春期は
誰にでもくる時期ですよね。

いざ、
我が子が思春期を迎えると
どう接すれば、
いいのか分からなかったり、

話をまともに聞いてくれないと
段々と、
イラッときたりしますよね(笑)

私たちも
同じ道を通ったとはいえ、
親の立場である現状は初めて。

でも、

私達が戸惑っている以上に
お子様も
自分の感情をコントロールできずに
戸惑っている事が多いのです。

難しいかもしれませんが、

解決策は、

我が子の気持ちを尊重しつつ、

全てに対して、
「それはダメ!」
「あれはダメ!」
と否定せずに

優しく諭してあげる事が
大事かつ重要なポイントになります。

この時期のお子様は

言うことを
聞いてくれないかも知れませんが
大人になる過程で
大事な時期ですので
放っておきすぎるのはいけません。

無視されるかもしれませんが、
しっかり見てあげてくださいね!

 

 

思春期の女の子には特徴はあるの?

 

思春期女の子特徴は、

一般的に女の子の場合、
10歳頃から思春期を迎えると
言われております。

人それぞれ時期は異なるので
一概にはいえませんが、
男の子よりも女の子の方が、
早く思春期を迎えるみたいですね。

特徴として、
一番わかりやすいのは、

幼少期には、
抑えられていた女性ホルモンの
分泌が活発になります。

そのため、
女性らしい丸みを帯びた体型になり、
性毛が生え始めたりします。

それに、
月経も始まる子が多いので、
だたでさえ、
本人が動揺してしまい
感情も安定しないわけです。

なので、
私達、親は、
慌てず対応してあげましょうね。

体だけの変化ではなく
ココロにも変化が表れます。

今までは、
何とも思っていなかった事も
気になったりします。

例えば、
友達の言動や
親の態度などが気になったり、

自分自身の感情が、
コントロール出来なくなり、
イライラして
反抗的な態度を取ってしまったりします。

それもそのはずです。

初めの内は、
ホルモンのバランスが
上手く取れないのです。

つまり、
自分自身が
一番戸惑ってしまう状態にあります。

胸が出てきたり、
生理が始まると、
女性としての意識を
自然と持ってしまうので、

周りの視線を
気にするようになったり、
時期が時期なだけに
親よりも友達との関わりを
重視するようなりますので、

この頃のお子様は
親への秘密ごとが
増えてくる時期でもあります。

そういう時は、
無理に
聞き出そうとしてはいけませんよ。

いずれ、
自分から寄ってくる時がくるので
気長に待ってあげましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

思春期の女の子にはどう対応すれば正解?

 

思春期
女の子への対応は、
やっぱり、難しいものです。

でも、
初めに言っておきますが、
なんといっても我が子です。

親が子供に、
そこまで気を使う必要はありません。
あくまでも、威厳は保ちましょうね。

言い方は悪くなってしまいますが、
調子に乗りやすい時期なので
親でもナメてかかってきます。

なので、
時には怒ることも大事なんです!

本題に戻りますが、
思春期の我が子の対応ですが、

すべて否定せずに、
まずは考えを尊重し、
見守る事が大事です。

子供の時期だからこそ、
色々な経験をし、
悩み迷うことも大事です。

時には失敗もしながら、
大人へと成長していきます。

人間とは不思議なもので、
成功した時よりも、失敗した時の方が
覚えているものなので、

その時に
「次はこうしてみるのはどう?」など
助言してあげるのも1つです。

そこで注意すべきポイントは
「こうしなさい、ああしなさい」と
決めつけるような言い方は避けましょう。

あくまでも、
自分の思うように
させてあげる事が大事です。

大人でも失敗すること、
間違えることなんて沢山ありますよね。

「誰だって失敗はするもの」
「失敗することは恥ずかしくない!」と
お子様に教えてあげましょうね(^^)

母親は、
子供の目標になれるように
いつも頼れる存在で居たいですよね。

思春期の女の子は
普段よりも、
厳しい目で母親のことを見ています。

日頃から
言葉遣いや
生活習慣など気を使いましょうね。

それに、
お子様が弱音を吐けるような環境を
作ってあげるのも母親の仕事です。

専業主婦だけではなく、
仕事をしているママさんも多いので
難しいかもしれませんが、
お子様との時間を
十分に作ってあげましょうね!

 

 

思春期の女の子のまとめ

 

思春期がくるということは、
しっかり成長できている証です!

女の子に限らず、
男の子も思春期がくるので、
本人も戸惑う時期ですが
私達親も何かと大変な時期ですよね。

ストレスを感じないように対応し、
あまり、
過剰に考えない様にしましょうね。

いずれ、終わりがくるので、
気長に待ってあげてください(^^)

子供が成長する分、
親だって成長するのです。
一緒に成長し、
乗り越えていきましょうね!ガンバです!

スポンサーリンク


コメント