スポンサードリンク

 

いつのまにか、
疎遠になってしまった親に
結婚前提のお付き合いをしている
パートナーがいる場合はどうするのか、
対処法について悩みますよね。

そもそも、親子不仲だけど、
結婚の話はしても良いのか?
不仲になった原因がわからない場合や
そんな時に、
誰に相談すれば良いのかをご紹介します!

 

 

スポンサーリンク

 

親子が不仲なのに結婚の話はしても大丈夫?

 

 

親子
不仲なのに結婚の話をする!
というのは、勇気がいるもの!
というよりも、
しなくても良いのでは?!

とも思ってしまいますが。。。。。

とは言え、

母親、父親ともに不仲な場合や
片方の親(父親)だけ不仲な場合や
不仲になった理由や原因も様々でしょうから、
ここでは、
下記の2
つのパターンの対処法をご紹介しますね。

両親と不仲な場合

たいていの方は、
思春期の時代に親と関わるのが嫌で
無視をし始めたのがきっかけ!
なんて方が多いのではないでしょうか?

そんな場合は、
親の立場からすると、
気にもしていないと思います。

ですが、親といっても人間です。

今まで、散々無視して、
用がある時だけ連絡をするのは
ムカつきます(笑)

それまで何の連絡もしてない場合は
突然、連絡をしてパートナーを
紹介するのはやめましょうね!

一旦、クッションを置いたほうがいいです。

例えば、
まずは、自分1人で実家に帰り、
お互いの近況報告などしたほうが無難です。

その際に「ゴメンね」を言えたら、
関係も良好になるのではないでしょうか(^^)

そして、ついでに、その勢いに乗って、
今、付き合ってる人がいるから、
今度紹介してもいい?
などと、前置きしておくと、
スムーズに話も進みそうですね。
本題は、そっちだと親なら分かるはずです!

 

片親(父親)と不仲な場合

まあ、
良くあるパターンかもしれませんが、
母親に仲介に入ってもらうのが得策!

上記でも言ったように、
突然、パートナーを
連れて挨拶に行くことは避けて、

日にちや時間など、
事前に
決めれることを決めておきましょう。

その都度、
母親と話し合って決めるのもアリです。

母親とは、また感覚が違って
父親は娘は特別に可愛い存在なのです。

どれだけいいパートナーを連れてきても
嫌なものは嫌なのです。

態度では、
ぶっきらぼうかもしれませんが、
本心では誰よりも幸せを願い、
一番にお祝いをしたい気持ちは強いのです。

不仲になった原因が分からなくても、
こちらから一歩近づいてあげましょう。

どういった状況であれ、
結婚というのは人生の一大イベントです。

親への挨拶もそうですが、
パートナーのご両親にも挨拶をしたり
仮に子供ができた場合など、
何かと今後、関わって行く機会が増えます。

勝手に結婚をして、
家庭を持つのも1つかもしれませんが、
極力避けましょう。

仮に、
自分が親になり、
自分の子供が知らない間に
結婚をして子供ができていたら!

言葉には表せないほどの
大きなダメージを食らってしまいます。

きっちり、
将来を見据えるなら
どれだけ不仲でも、
結婚をきっかけでもいいので
少しでも関係を改善させましょうね!

 

 

親子で不仲になった原因がわからない場合は?

 

親子ともに
不仲になった原因が不明!
なんてことがあるのかないのか?!

上記でご紹介したように
原因がなんとなくでも分かる場合は
案外解消しやすいのですが、

不仲になった原因が
全く分からない場合、

あるいは、
思い出せない!なんて人も
中にはいるのではないでしょうか?

気がつけば、

連絡も取り合わなくなり、
実家に帰ることもなくなりと、
仕事をしていたら、
なおさら、
会える時間も少なくなりますよね。

自分が休みの日に
両親も休みとも限らないですよね。

原因が分からない場合は、
逆に何事もなかったように
連絡をしてみるのはどうでしょう?

その際に、
親が怒っていたら、
原因を聞くのも1つです。

やってしまいがちですが、
逆ギレは絶対にしないように!

腹が立つのもわかりますが、
自分も怒ってしまうと
イタチごっこになってしまいます。

まずは、
親の言い分を聞いて、
仲違いになっている原因を知りましょう。

こちらが不仲と感じていただけで
案外、親からすれば普通の時もあります。

そんな時は、
一応謝りを入れておくのがベストです。
不仲と感じていただけで
本当はそうでもなかった場合は
全体的に話もしやすい状況ですので
近況報告なども出来やすいですね!

 

 

スポンサードリンク

 

親子で不仲だと相談は誰にすればいい?

 

親子
不仲の場合は、誰に相談を?

私自身、
ちょっとしたことで、
お母さんと不仲な時期がありました。

その時は、
まだ、彼氏もいないし、独身。

仕事真っ盛りな時期だったのですが、
顔を合わせるのも嫌で、
朝帰りなんてこともしょっちゅうでした。
(その当時、実家に住んでいました)

今、思えば、
簡潔に言うと、
互いのコミュニケーション不足ですね。

誤解が誤解を招き、
お互い気が強いので、
中々、向き合えなかったのです。(笑)

ですが、
話し合いをして仲直り出来ましたね。

そんな時に
良き話し相手になってくれたのが姉です。

私の性格や、お母さんの性格を
説明しなくても分かっているので、
簡単に相談できました。

やはり、
身内のことは身内が一番分かるのです。

兄弟がいる人

兄弟がいる人は
兄弟に相談してみてはいかがでしょうか?

仲介に入ってくれたり、
解決策を見つけてくれたりと、
案外アッサリ解決したりもします。

一人っ子の人

一人っ子の方も中にはいますよね。
そんな方は、
仲のいい友人(親友)に相談するのもアリです。

家族関係の事なのでシビアな話になります。
個人的には、
複数人に相談するよりも、
1人に絞って相談することをお勧めします。

自分を理解してくれる人に
相談するのが一番の解決策になりそうです!

 

 

 

親子が不仲のまとめ

 

いかがでしたでしょうか?
お母さんやお父さんと
いつまでも、
不仲でいるのも辛いですよね。

原因や理由がわからない場合は
動くに動けないと感じ、
結局、時間だけが過ぎていった!
なんて事もあると思います。

キッカケは何でもOK!
まずは、
仲違いを解消できればいいですね!

 

スポンサーリンク