スポンサードリンク

 

 

缶詰賞味期限
想像以上に長いので、
今まで気にしたことがない!
という人も多いはず。

でも、

冷蔵庫がいつもいっぱいの人、
片付け全般が苦手な性格の人は、
知らない間に
賞味期限の切れた缶詰を
食べてしまっていることがあります。

これまでは、幸いにも、
腹痛や病気にはならなかった人も、
この機会に、
缶詰の賞味期限について
よく知っておいてください。

そして、
缶詰は賞味期限切れあたりが
最も美味しい!?
と言われている噂についても、
検証していきます。

賞味期限切れの缶詰が、
必ずしも、だめだ!
というわけではありませんので、

缶詰の賞味期限切れを防ぎ、
おいしく食べられる工夫などがあれば、
お伝えしていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

缶詰は賞味期限切れが美味しいって噂は本当なのか?!

 

 

 

 

 

缶詰
長期間保存できる工法により、
内容物は、
しっかりと殺菌され、
缶の中に密封されています。

缶詰のどこかには、
メーカーが決めた賞味期限
印字されています。

缶詰の中は
熱により消毒されており、
微生物などが存在しません。

冷蔵庫にも入れる必要はなく、
常温でもしっかりと保存できます。

一般的な缶詰の賞味期限は、
2~3年程度です。

野菜や果物の消費期限は、
2年と少し短くなっていますが、
賞味期限から
3年以上たっている缶詰は、
食べるか、捨てるか、
で迷ってしまうはずです。

結論からいえば、
賞味期限を過ぎていても、
ほとんどの缶詰は
おいしく食べられます。

賞味期限は、
その期間を過ぎたら、
美味しく
食べられないかもしれない
という基準日です。

このことは、
缶詰の保存性能が
とても高いことを意味しています。

缶詰は、
賞味期限を
大きく過ぎてしまった場合でも、

「おいしく食べられる!」
という保証はありませんが、
健康に害がない程度に
食べられるようになっています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

缶詰の賞味期限切れはいつまでだったら食べられるのか!?

 

先ほども、ご説明しましたが、
缶詰の賞味期限は、
その期間内であれば、
おいしく食べられるという意味で
設定されています。

そのため、
賞味期限切れただと、
いつまで食べられるのか?!
という保証はされていません。

消費期限は、
その期間を過ぎてしまうと、
食べられないという期限のことです。

消費期限と賞味期限を
見間違えないようにしてください。

しかし、
缶詰の場合は、
賞味期限内であっても、
缶詰の状態により、
食べない方がいい場合があります。

たとえば、
缶詰に錆びが
見られるようになったら、
食べてはいけません。

錆びが缶詰の外側に見られる場合は、
その錆びが缶詰内に
侵入してしまっていることもあり、
錆びの発生が見つかったら、
その缶詰は廃棄処分した方が無難です。

また、
密閉された缶詰が
膨張してしまっている場合も、
缶詰内に微生物が発生し、
腐っている可能性が高いので、
食べずに廃棄処分した方がいいです。

一度、
開封してしまった缶詰や
高湿度、高温、低温などと、
良くない環境で保管していた缶詰も
賞味期限を過ぎて、
かなりの期間がたっていたら
食べないほうがいいでしょう。

賞味期限の期間に惑わされず、
缶詰の状態をよく見て、
食べられるか、
食べられないかを
判断したほうがいいということです。

 

 

缶詰の賞味期限のまとめ

 

冷蔵庫が
片付けられない人ほど、
缶詰の存在を忘れてしまい、
長期間保存できる缶詰を
放置してしまうようです。

大丈夫ですか?

一般的な缶詰の消費期限は、
3年程度という製品が多く、
果物や野菜など、
新鮮さが売りの缶詰製品は、
賞味期限が2年程度となっています。

缶詰は確かに常温でも、
長期間の保存が可能ですが、
賞味期限を過ぎると、
おいしく食べられる
という保証がなくなります。

賞味期限はもちろんですが、
缶詰の保存状態や錆びや膨張などの
現象がみられるようになったら、
賞味期限内の製品であっても
食べないほうがいいですね。

賞味期限の切れた缶詰を食べて、
もしかしたら、
お腹が痛くなってしまうかも!

と思うぐらいなら、
缶詰は、賞味期限内に
美味しく食べたほうがいいでしょう。

どんな食べ物も、
おいしく食べたほうが気分もよく、
満足度も高くなるからです。

 

スポンサーリンク