風邪で予定をキャンセルしたい時の方法とメールの書き方はこれで解決!!

健康
スポンサードリンク

 

 

友達と遊ぶ約束をしてて、
風邪をひいてしまった場合、
予定キャンセルするか、
それとも、
無理して行くかって迷いますよね。

ドタキャンも申し訳ないけど、

無理して行って、
結果、風邪うつしてしまった!
なんていう場合も、
逆に、申し訳ないですからね。

でも、

私なら、
キャンセルする方の申し訳ないを
選びます。
というか、
選んで来ました。

ということもあり、

風邪を引いた時、
予定をキャンセルする時の断り方と
メールの書き方を紹介します♪

良ければ、参考にしてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

風邪を引いて予定をキャンセルする時はこうするのが一番!

 

 

 

 

 

風邪は引きたくないですが、
引いてしまって、
体調が悪いとなると、

予定キャンセルするしかない。

のです。

 

体調を
管理しているつもりでも、
どうしても体調を崩し、
仕事や学校を
休まざるを得ないことがあります。

仕事や学校以外であっても、
友達との約束などを
断ることになるケースもあります。

そんなときに、
メールで体調不良の
連絡をするときがありますが、

内容や書き方は
送る相手や状況により異なります。

体調不良の時のメールの書き方や
例文をご紹介しますので
ぜひともご参考にしてください。

体調不良の内容を
書くべきかどうかなど
シチュエーションに合わせて
相応しいメールを作りましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

風邪を引いて予定をキャンセルしたい時のメールの書き方はこれでOK!

 

風邪予定キャンセル
そんな時の
メールの書き方って、悩みます。

 

そこで、

 

ケースごとのメールの例文を

大学生のケース

大学生の場合、
体調不良で休む際には
連絡をしない場合もあります。

しかし、
先生によっては
メールで休むことを
知らせるようにと
要求されることもあります。

件名には
自分の名前と日程と
クラス名などを書きましょう。

重要なポイントは
「欠席」と入れることです。

本文には
「本日、体調不良により欠席します。」
という内容を入れましょう。

勤めているケース

職場の場合、
体調不良のメールは
シンプルに書き上げることが
ベストです。

特に、
それ以上の体調不良の
理由などを記載する必要もありません。
仕事は学校と違い、
自分の職務に責任があります。

そのため、
体調不良で自分が休むことにより
誰かに
負荷がかかってしまうこともあります。

また、
明日は出社できるのかどうかも
会社側としては
重要な情報であり、
知りたいと感じています。

件名には
「欠席のご連絡」などと記入します。

本文には、
「本日、風邪を引いてしまい、
体調不良のため、
欠席させていただきます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、
本日の
職務のフォローをお願い申し上げます。」

と最低限の内容はメールに書きましょう。

また、
明日の出社の有無や、
その日の職務の引継ぎ内容があれば、
一緒にメールで送りましょう。

 

友達との予定のケース

友達との約束に
体調不良で行けそうにないときには
正直に現状を伝えましょう。

体調不良メールを送る際には、
行けないという結論を書き、
その次にお詫びをします。

友達関係であれば、
「絶対にこの埋め合わせはするから」
などと送ることも多々あります。

友達の場合、
件名を入れずに
メールを送ることもありますが、

件名をつけるのあれば、
「ドタキャンでごめん」などと
一目でわかる内容が望ましいです。

友達の場合、
仕事の責任感と違い、
断りやすいこともありますが、
きちんと謝罪をすることを
忘れないようにしましょう。

 

恋人とのデートのケース

恋人の場合、
とても楽しみにしていたデートの日に
体調不良だなんてとてもショックです。

でも、
どうしても体調が優れない場合は
キャンセルをするしかありません。

デートの場合は、
1対1で約束しているため、
相手の予定も
完全に潰してしまうことになります。

体調不良メールを出す際には
相手への気持ちも入れると、
トラブルになりにくいです。

体調不良といえども、
相手も、
とても楽しみにしていたデートであれば
相手もショックが
大きいと怒りにかわるケースもあります。

体調不良であったとしても、
メールの内容は慎重に考えましょう。

 

 

風邪で予定をキャンセルのまとめ

 

体調不良を
メールで伝える方法の
ご紹介はいかがでしたか。

やむを得ない体調不良は
誰にでも起こりえることなので、
どうしても、
予定を
キャンセルしないといけないときは、
できる限り早い段階で、
相手にメールをするようにしましょうね♪

それが礼儀であり、
平和な解決方法であり、
将来にもプラスに働く方法なんです。

 

 

スポンサーリンク


コメント