仕事を体調不良で休みたいときの連絡方法と伝える理由はコレでOK!

仕事関係

 

 

体調不良は
生きている限り、
誰にでもある現象です。

体調不良の際には無理は禁物!

無理をして働くことで、
さらに、
体調が悪化してしまったり、

周りに風邪などの病気を
うつしてしまう可能性もあります。
そうなると、迷惑千万!ですよね。

私も仕事をしていますが、
体調不良なのに、
無理に仕事に行った時は、
たっぷりと怒られてしまいました。

「自分の体なんだから、
もっと大切にしないと!!」

ということで、
その日は
早退することになりました。。

しかし、

仕事をしている以上、
自分の体調不良のせいで
誰かが代わりに仕事をしてくれてる
と思うと、

何とも言えない気持ちになるので、
休みたくない気持ちは分かります。

 

しかし、
体調が変だなと思ったら、
いさぎよく休むようにしましょう。

では、
休む場合の連絡方法
その理由
どのように伝えるのかについて
説明していきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

仕事を体調不良で休みたいときの連絡の仕方は?

 

 

 

仕事体調不良が原因で
休む場合は、できる限り
電話で連絡するようにしましょう。

また、
できるならば、
上司に連絡する事!!

最近では
SNSなどが普通に
会社でも使われる
ようになってきましたが、
休むと言ったことを

SNSで連絡するのは
大変失礼なことです。

休むことに負い目を
感じているからこそ、
電話するのが嫌だなと思うのは
私も感じることです。

しかし、
声が出ない以外は
必ず、電話をして、
休むという事を
伝えてほしいと思います。

また、

同僚に
「上司に休むと言っておいて」
という人もいるのですが、
それも大変失礼です。

同僚に
連絡してもいいのですが、
必ず上司にも連絡はしましょう。

体調不良なのですから、
休むことは仕方ありません。

怒られるかもしれないと
心配な人も、
また、
実際に怒られるという人も、
体調不良で休んではいけない
ということは絶対にありません。

むしろ、
休んではいけない
というのがおかしいのです。

 

また、
もし、誰かと
一緒にしている仕事があるならば、
その人にも必ず連絡しましょう。

仕事を
引き継がなければいけないことが
あるのであれば、

電話で伝える方が
直接、伝えられるので効率的だし、
正確に伝わるはずです。

 

 

スポンサードリンク

 

仕事を体調不良で休みたいときの理由は正直に言うべき?

 

 

仕事
体調不良で休む時の理由は
嘘の理由はだめです!

はい、
もちろん、
正直に体調不良だといいましょう。

体調不良は、
もちろん、
体調管理できていない自分が
悪いのですが、

いつ誰が、
体調不良になるのかなんて
分かりません。

「体調不良で休むとは!!」
なんて言っている
上司が
休む可能性だってあるんですよ。

ですから、
下手にウソをついて、
会社を休むのではなく
きちんと、体調不良!
だということを言いましょう。

ただし、
単に「体調不良で休みます」
というよりかは、

「昨日から熱が下がらず、
今も38度あります。
体も上手く動かせないため、
本日はお休みをいただきたいです」

というように、
詳しく説明するといいでしょう。

体調不良と言っても、
人によっては、それぞれですから、

単純に、
「体調不良」と言われると
上司もどのくらい、
体調が悪いのか分かりません。

軽い症状なら、
今日のことだけ
考えていればいいのですが、

体調不良が重そうであれば、
明日も休むかもしれないと
上司も考えて、
仕事をあらかじめ、
調整することでしょう。

ですから、

体調不良と言って、
自分の体調管理不足だと
怒られることを恐れて、
ウソをついて休むことのない
ようにしましょう。

 

 

 

仕事と体調不良のまとめ

 

 

季節の変わり目など、
体調不良になる人がたくさん
でてきますよね。

実は、
私もこの前、
39度の高熱を出してしまいました。

朝に熱を測ると、
平熱に戻っていましたが
念のため、
上司に連絡して、
そのことを正直に説明しました。

「インフルかもしれないし、
今日は休んで!」
と、上司の方から言われたので、
ほっと安心しました。

誰だって、風邪をひくのです。
体調不良にもなります。
考え過ぎずに、有給休暇を!

ですから、
もし、体調不良で
仕事をどうしようと
考えてる人がいましたら、
無理をせずに休むことをおススメします!!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました