スポンサードリンク

 

 

寒い冬の時期、
早朝から
に乗ることもあります。

そんな寒い時期に
頭を悩ませるのが、
ドアが凍る!という非常事態!

住んでる地域では、
あまり雪が降らない場合でも、
突然の積雪により、
車のドア凍る
ということは十分にあります。

ドアが凍るだけではなく、
鍵穴までも凍ってしまい、
寒い時期なのに、
車で出かけられないトラブルも
よく発生しています。

そこで、

ためになる情報として、
車のドアが凍ったときの対処法や
凍結予防対策などについて
お伝えしておきます!

 

 

 

スポンサーリンク

 

車のドアが凍ると、どうしたらいいのか?

 

 

 

 

 

ドア凍ると、
あせりますよね!

当然、車に乗る時に
凍ってるのがわかるのですから、
予定が狂ってしまうわけです。

当然、あせります!

でも、

いくら寒い時期だといっても、
急に、
車のドアが凍るのはなぜでしょうか?

その原因は、
前日に降った雨や雪です。

車のドア部分には、
隙間を埋めるゴムが入っています。

このゴムについた水分が
夜間の間に凍ってしまい、
ドアが開かなくなってしまいます。

力の強い男性が、
力任せにドアをこじ開けようとすると、
ゴムが剥がれたり、
ドアが壊れてしまったりするので、
少し慎重になってください。

凍結により、
ドアが開かなくなってしまったと思ったら、
そのときは、
まずは、
他のドアが開くかどうかを試してください。

それでも、無理なら、
お湯(30~40℃ぐらい)を用意して、
ドアの凍った部分にかけるようにしてください。

あまりにも、
お湯の温度が熱いと、
ゴムが溶けてしまうこともありますので、
ぬるま湯がベストです。

他には、

解氷スプレーが販売されていますが、
コンビニでは
手に入らない地域もありますので、
あらかじめホームセンターや
カー用品店で
購入しておく必要があるでしょう。

ここまで、
ご紹介した方法でも
車のドアが開けられなかった場合は、
無理をせずにJAFなどの
ロードサービスを利用し、
専門家に
ドアを開けてもらうようにしましょう。

お急ぎの方や女性の場合は、
悩むよりも、
まずは、
誰かに相談するようにしてください。

 

 

スポンサードリンク

 

車のドアが凍ることを避ける対策はないのか?

 

ドア凍る
を避ける対策は、あります!

冬の時期や
夜間の凍結の恐れがあるときに、
早朝から、
車に乗る予定がある場合には、
車のドアが凍ることを
避ける予防対策があります。

車のドア凍結を避ける対策 その1

外に車を止めている場合は、
車のカバーが凍結防止に有効です。

車にカバーをかけるだけで、
凍結予防ができますので、
とても簡単な方法です。

 

車のドア凍結を避ける対策 その2

次に、少し面倒ですが、
ドアのゴム部分が雪や雨により、
濡れている場合は、
その水分を拭き取ってください。

屋根付きの駐車場であっても、
毎日、車を走らせているような方は、
ガレージに止める前に、
すでに、ドアのゴム部分には
水分がついているからです。

車から離れる前に、
こうした水分を拭き取ることを
忘れずにやってください。

 

車のドア凍結を避ける対策 その3

他には、
カー用品店で
販売されている凍結保護スプレーが
有効です。

 

車のドア凍結を避ける対策 その4

車によく乗る方なら、
エンジンスターターを取り付けし、
リモコンを使って、
乗車する前に、先に
車内を暖める方法があります。

エンジンスターターは、
価格にすると1~3万円と、
それほど高価なものではありません。

何度も解氷スプレーなどを
購入する必要もありませんし、
車に乗る前は、
いつも暖かい状態になってますので、
おすすめの車のドアの凍結防止方法です。

 

車のドアが凍る!のまとめ

 

真冬の寒い時期や
急激に気温が低下する夜間、
雪の降った翌日の朝などに、
車のドア部分が凍結して、
急に開かなくなってしまうことがあります。

凍結の原因は、
ドアのゴム部分についた水分が
凍ってしまうことです。

そこで、
車のドアの凍結への応急処置法や
事前にできる凍結防止策を
いくつか、ご紹介しました。

よく車に乗る人は
知っている基本的な知識ですが、
初めて、車を購入した後に
冬の時期を迎える場合は、
急にドアが凍結してしまい、
困ってしまう方が多いようです。

あらかじめ準備できる人は、
車のカバーをかけたり、
エンジンスターターを取り付けしたり、
凍結保護スプレーを使用したりするなど、
各種方法により、
車のドアが凍るのを防ぐようにしてください。

また、困ったときは
JAFなどのロードサービスがあります。

こちらも、イザというときのために、
あらかじめ加入しておいて損はないでしょう。

 

 

スポンサーリンク