スポンサードリンク

 

 

女性の浴衣姿って
魅力的だと思いますが、
性も負けてはいません。

魅力的な女性と一緒に歩くなら、
男性も
浴衣にこだわってみてください。

そこで、
初めての浴衣に挑戦しよう!
としている若い男性のために、
浴衣のに何を着ればいいのか
などを調査してみました!

 

 

スポンサーリンク

 

浴衣って中には男の場合は何を着ればいいの?

 

 

 

 

の場合、
浴衣は下着を着ている
というケースがほとんどです。

外出するために
着る衣類なので、
シャツ、ブリーフや
トランクスなどの
普通の下着でOKなんです。

でも、
外から
下着が見えるのはNGですよ!

そんなときは、
白の下着を着用すると
目立たないでしょう。

着る下着にこだわるなら、
浴衣用の下着や
おしゃれな衣類が
数多く販売されています。

浴衣を購入するときに、
その浴衣の色やデザインに
合わせた肌着や下着を
選ぶようにしましょう。

 

 

浴衣の中に肌着を着るのはダサい?涼しい時はどうする?

 

浴衣肌着
と書くと、
その響きからイマイチ?

なんて感じる人も多いはず。

特に、
普段のスーツを着る際でも、
下着を嫌う男性や女性もいます。

なので、
浴衣の中の下着が見えると、
ダサいと感じる方もいる!

ということになります。

夏の時期は、

暑いので、
浴衣姿でも
下着をつけない場合がありますが、

汗をしっかりと
吸収させる下着は
逆に、身につけたほうがいいのです。

汗ジミによる
浴衣の汚れを防ぎ、
肌のべたつきも防げます。

夏の暑い時期でも、
浴衣を着る夜間は涼しくなります。

エアコンのよく効いた部屋に
出たり入ったりしますので、
汗をかくと
風邪をひいてしまうかもしれません。

汗をよく吸収する下着なら、
着替えるだけで、
また、同じ浴衣を着ることができます。

 

 

スポンサードリンク

 

浴衣の中にステテコをはくのはあり?

 

浴衣
ステテコを着るのもOKです。

今の時代、
おしゃれで涼し気なステテコが
たくさん売られています。

白のステテコが地味!
だということなら、
浴衣と
同じような色とデザインの
ステテコを購入して、
合わせるといいでしょう。

ステテコよりも、
上下がセットになった男性用の
和装用下着のほうが、

浴衣がはだけても、
肌や大切な部分が
露出しないのでおすすめできます。

形にこだわる必要もなく、
通気性がよくて、
肌触りがよく、
汗をしっかりと吸収する
昔ながらの肌襦袢でもOKです。

肌襦袢って、
「はだじばん」、もしくは
「はだじゅばん」と読みます。

肌着と同じ意味です。

浴衣は和服ですから、
和装用の肌着でキメル!
のも、おしゃれなんですが、

普段、
スーツを着る機会の多い
社会人の男性なら、

わざわざ、
ステテコや
肌襦袢を買う必要はなく、

スーツ用のインナーとして、
着用しているTシャツや
Vネックシャツを
代用するのも、あり!なんですよ!

着る浴衣と色が
ミスマッチしないようにすると、
基本的には問題はありません。

 

 

浴衣の中のまとめ

 

男性が着る浴衣の中に
着るものには、
肌着やステテコ、肉襦袢などの他、
普段からスーツの中に
着ているようなシャツや
Vネックシャツなどでも問題ありません。

下着のポイントは、
色は白がよく、
肌触りや通気性がよくて、
汗をかいても、
しっかり吸収できる素材を
使用しているのかどうか
ということになります。

また、
過度に肌を露出させることは避け、
特に、
大事な部分が露出しないように
しっかりと下着で
ガードするようにしましょう。

デザインや色にも
こだわったステテコも
販売されていますので、

浴衣の種類に合わせて、
下着も変えてみると
おしゃれさが一層増します。

男性用の和装用下着も
販売されています。

上下セットで購入すると、
浴衣を着る機会も増えます。

浴衣の下に下着を着ていると、
夏の時期でも
涼しい夜間やエアコンの
よく効いた部屋でも
涼しく快適に過ごせます。

きっと、
浴衣を着る機会が増え、
外出も楽しくなるでしょう!

スポンサーリンク