賃貸の壁が薄いときの対策と契約前の見分け方もご紹介!

日々の生活

 

 

 

新しい街、新しい部屋、
何もかもが新しく
気持ちも新たに、頑張るぞ!!

と思ったけれど

賃貸
部屋の薄いので、
隣の音が丸聞こえ!

向こうの音が
聞こえるということは、
自分の方の音も
向こうに聞こえているという
ことですよね。

コワッ!

住んでみてわかった!
壁の薄さ…なんとかしたい。

せっかくの一人暮らしも
テンションガタ落ちです。

そこで、
契約前見分け方
ご紹介しましょう!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

賃貸は壁が薄いってホント?自分の声や音が丸聞こえ?!

 

 

 

 

賃貸薄い

という傾向があると言えます。

一般的に、木造で
築年数が古いアパートは壁が薄いと
思われがちですが、

コンクリート造りでも
壁が薄い賃貸は存在します。

賃貸を借りる時は、
もちろん、部屋の下見をしますが
部屋の壁の薄さは分かりませんよね。

防音性は、
壁の中がどのようになっているのかで
変わってきます。

賃貸だから、
絶対に
壁が薄いというわけではありません。

私が住んでいるマンションも
賃貸で築年数も20年ほどですが、
防音性はしっかりとしています。

部屋の下見の際に、
「防音性はどうなっていますか」
と質問して、
今の部屋に決めました。

大学生の頃に住んでいた賃貸は、
家賃が安いのも
あったのかもしれませんが、

壁が薄く、
深夜に、
隣の人の声が聞こえてくるなどに
悩まされましたので、
私にとって、
防音性は大切だったのです。

また、間取りも大きく影響してきます。

特に、
角部屋で隣の部屋の配置が
トイレやお風呂などの設備が
リビングとの間に挟まっている場合は、
生活音などが
聞こえにくくなっています。

たまに、

水の音が聞こえることが
あるかもしれませんが
こちらも生活をしている以上は、
テレビの音など無音ではないので
気にならない程度です。

 

 

 

賃貸の壁が薄い時の対策!これで、解決!?

 

住み始めてから、
賃貸薄い
と、わかっても、手遅れ!

でも、
そんなこともあるでしょう。

そこで、

その場合の対処法をご紹介します。

まずは、

防音シートを壁に貼ること。

特に、
テレビの音など生活音が
気になるという方は
リビングの一部だけに、
防音シートを使いましょう。

防音シートは
ネットでもホームセンターでも
購入できます。

値段は大体、2000円ぐらいから。
安い!!というものではないので、
購入の際は
サイズなどをよく考えて購入してください。

 

次に、家具を壁際に配置するということ。

これは、
壁一面を覆い隠すほどの大きな家具、
たとえば、大きな本棚などであれば、
防音の効果はあるかもしれませんが、
小さな家具だと効果はありません。

 

実は、

音が漏れて聞こえてくるのは、
なにも壁だけではないのです。
実は、床も下に音が伝わりやすのです。

 

防音マットを敷く!

防音マット
と呼ばれるマットも売られています。

また、
防音効果のあるカーペットも
売られていますので、
そのようなものを効果的に使用し、
足音など生活音を防ぎましょう。

ちなみに
コルクマットは衝撃を吸収しやすく
防音にも効果が高いのでおススメです。

外が、すぐ線路や道路と
いった人もいるでしょう。
私の住んでいる部屋も、
すぐ隣に線路があり、
電車の音と踏切の音が毎日聞こえます。

 

カーテンをかける

屋外の騒音が気になる時、
そんな時には、
カーテンにも
防音効果のあるものがあるので
私はそれを使っています。

実際、
カーテン一枚で変わるのか?
と思っていましたが、
しているのと、していないのでは、
音が全然違いました!

 

 

スポンサードリンク

 

賃貸の壁が薄いことは入居前に知ることはできる?!

 

 

実は、
賃貸への入居前に
薄いかどうかの見分け方!

あるんです!

会話することで探る

まず、
不動産の方と
部屋の下見に行った際に、
当然ですが、
部屋の中で会話をしますよね。

その時に、その声が
まるで、ホールのように響き渡る
場合は注意しましょう。

音が響くということは、
音が吸収されにくい構造の部屋だと
いうことです。

それは、すなわち壁が薄いという事。

壁をたたくとわかる

さりげなく、
壁をコツンと叩いてみましょう。
軽くで大丈夫です。

軽く叩いてみて、壁が軽い音だったり、
叩いた音が響くようであればそれは
薄い壁で
防音性は、ほとんどないということです。

不動産の方が良さそうな方でしたら、
素直に、部屋の防音性について
聞いてみてもいいかもしれません。

不動産の方はメリットもいいますが、
聞けば、もちろん、
デメリットも言ってくれます。

賃貸については
私たちは初心者ですので
プロの不動産の方に聞くことが
私は一番だと思います。

 

 

賃貸の壁のまとめ

 

 

壁が薄いと生活するにしても
隣の家の人に
気を使ってしまいますよね。

そんなことにならないように、
賃貸を借りる際は
慎重に借りるようにしましょう。

そして、素敵な暮らしをぜひお過ごしください。

 

 

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました