スポンサードリンク

 

 

母の日は5月の第2日曜日。

今年は、
どんなプレゼント
用意したらいいのか、
正直言って、
悩んでしまいますよね。

喜んでもらいたいのは山々ですが、
既に、ネタ切れ

長く使える残るものが良いのか、
食事券などの消え物が良いのか

わからなくなります。

今年こそは、
お母さんに喜んでもらえる
母の日プレゼントを決められるように、
どんなものがもらって嬉しいのかを
調査した結果などをまとめてみました。

今年の
プレゼント選びの参考にしてみてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

母の日のプレゼントがネタ切れの時はこれで行こう!

 

 

 

長く生きていると、
毎年の母の日のプレゼントが
ネタ切れになるのは当たり前!

だと思います。

 

ちなみに、

 

昨年の母の日に
40代から70代の
プレゼントをもらったお母さんを
対象におこなったアンケートの結果、

もらって嬉しかったものの一位は

お花でした!

お花の人気は根強く、
どの世代も3割以上のひとが
お花やフラワーアレンジメント、
プリザーブドフラワーなどの
ギフトが嬉しかったと回答しています。

定番と言えば定番ですが、
やはり、
女性はお花が好きなんですね。

お母さんの好きなお花の
花束でもいいでしょうし、
プリザーブドフラワーやサボテン、
多肉植物なども今人気です。

可愛いうえ、
簡単なお世話で増やせたりするのも
人気の秘密のようです。

もらってから、
しばらく楽しめるのも
きっと喜ばれることでしょう。

女性はなんといってもお花好き。
迷ったらフラワーギフトにしましょう。

 

 

母の日のプレゼントは消え物だと何がある?

 

 

母の日プレゼント
消え物といえば、
やはり、スイーツでしょう。

ただ、
贈る側では、
人気が高いスイーツなんですが、

もらう側では、
もらって嬉しいプレゼントの順位の
第5位という存在。

6.9%ほどのお母さん達しか
嬉しいと思っていないという
ちょっとショックな実態なんですね。

歳をとると、
あまり甘いものは重たくて
嬉しくないのかもしれませんね。

では、

スイーツだと重いけれど、
季節のフルーツなら
喜ばれるのではないでしょうか。

 

5月のフルーツ

イチゴ
メロン、
さくらんぼ、
宮崎マンゴー

など、
春の美味しいフルーツがたくさん。

フレッシュなフルーツは
女性に特に人気ですから、
母の日のプレゼントにもピッタリですね。

 

体験ギフト

その他の消え物といえば、
やはり、体験ギフトです。

お食事券や温泉宿泊券などは
もらってから選ぶ
という楽しみもありますし、

なにより、
どこに行くのかを決めてから
実際に、
旅行やお食事に行くまでのドキドキ感も
また、良いんですよね。

いっその事、
お母さんと一緒に温泉旅行を
楽しむのもおすすめです。

 

親にとっては、
子どもと、一緒に
過ごせる時間が何よりも嬉しいはず。

一緒に思い出作りをするのは
お母さんにとって、
何よりのプレゼントでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

母の日のプレゼントは残るものだと、どんなもの?

 

母の日プレゼント
残るものだと、
どんなモノが良いのか?

というと、

お母さんが
お花、お食事の次に
嬉しかったプレゼントに
服飾雑貨がランクイン!

定番のエプロンから
カバン、靴など
身に着けるもので選んでみましょう。

自分では高価で買わないような、
ちょっといいものなら、
きっと喜んでくれるはずです。

ウォーキングシューズや、
陽射しが気になるお母さんのために
帽子や紫外線防止のサングラスや
アウターなどいかがでしょう?

いつまでも
元気でいてほしいお母さんのために
気軽に
外出できるような服飾雑貨を贈って、
健康生活の
お手伝いをしてみるのも一考です。

また、
いつまでも、
綺麗なお母さんでいてほしい!

という願いをこめて、

しみや肌のくすみを
カバーしてくれるファンデーションや
ナイトクリームなども気が利いています。

ちょっと、
ネット検索してみて、
人気商品を贈ってみましょう。

もし、
お母さんが趣味を持っているなら、
趣味に役立つものも喜ばれます。

手芸好きなお母さんなら、
毛糸のセットや北欧柄の生地セットなど、
想像力を掻き立てられて、
きっと嬉しいはずです。

お料理上手のお母さんには
キッチングッズを。

おすすめは
スウェーデン製のオメガヴィスパン
という万能調理器具です。

一見、何の変哲もないものですが、

すくう、
炒める、
つぶす、
混ぜる

などが簡単にでき、
さらにフッ素加工のフライパンでも
使える優れものです。

きっと知らないはずですから、
エプロンやお皿などと、
一緒にプレゼントしてみてください。

 

 

 

母の日のプレゼントのまとめ

 

 

毎年、
母の日が近づくと、
何をプレゼントしようかと
悩む方も多いでしょう。

実母なら、
その性格や趣味も分かっているので、
喜びそうな消え物や、
趣味に
関するグッズなどがいいでしょう。

義理母だと、
もらって一番人気のあるお花が
無難かもしれません。

ちょっと、
気が利いているフラワーギフトに、
「マンスリーフラワーギフト3か月」
というものがあります。

中目黒の
hana-hayaというお花屋さんが
監修したフラワーセットが
3か月間のあいだ、
毎月、届く母の日ギフト。

これは女心をくすぐりますね。
お値段も7,000円位なので、
検索してみてください。
きっと、
「気の利いた嫁」になることでしょう。

 

 

スポンサーリンク