スポンサードリンク

 

夏になり、イベントごとが
多くなってくると、
花火や花火大会などの祭で
浴衣を着て行く人もいますよね。

そこで、
悩むのが、
異性と付き合う前

浴衣を着ていくと変なのか?
脈ありと思われてしまう?
なんてことをあれこれ考えてしまうもの。

そこんところの悩みの解決方法と、
そして、ついでに、
浴衣を着る際の注意点をご紹介します^ ^

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

花火での浴衣は付き合う前だと、おかしい?

 

 

 

花火での浴衣
付き合う前なのに、
見せちゃうと、
おかしいかなあ?

と、悩む女性も多いようですが。。。

 

好きな人や、
男友達と二人っきり、
あるいは大人数で花火をする機会や、
花火大会に出かけることもありますよね。

そんな時、
服装をどうしようか、考えますよね^ ^

『ラフ過ぎたら…』や、
『ばっちりキメすぎてもなぁ…』など
なにかと考えてしまいますよね!

ましてや、
気になる人と遊びに行けるとなると
余計に悩みますよね!

個人的な意見ですが、
付き合う前に浴衣を着ていくのは
おかしくないと思います!

 

花火をするにしても、
花火大会を見に行くにしても
夏の定番イベントに浴衣を着て
行く人は多いものです。

考えすぎちゃうかもしれませんが、
それでも気になる人は
浴衣を着て、
ヘアセットは自然なアレンジ!
にしてみてはどうでしょうか?

 

サロンなどで、セットすると、
バッチリ!と、可愛く仕上がりますが、

『気合い入ってんな〜!』
と思われたくない場合は

自分で出来る範囲で
髪を巻いて束ねるなどしてみては?(^^)

大人数で行く場合は、
女性陣で相談して
浴衣を着て行こう!
と決めれば浮くこともないし
おかしくもないですよね!

服装に悩んだら、
友達に相談するのも1つです!

みんなが、私服で行く場合は
私服で合わせるのも無難な選択ですよ(^^)

 

 

花火に浴衣だと脈ありだと誤解されちゃう?

 

花火浴衣だと脈あり
と、誤解する男は、
いつの時代もいるものです!

上記でも言いましたが、
大人数で行く場合は誤解されないですが、

異性と2人で出かける場合に
浴衣を着ると誤解される可能性はあります!

 

ですが、
必ずしも誤解されるとも限りません(^^)

自分の気持ちに気付いて欲しい場合や、
せっかく、
二人で遊びに行けるチャンスなので
告白を考えている人なんかは
浴衣を着て、
目一杯のオシャレをするのも良いですよね!

逆に気持ちに気付いてくれて
向こうから
告白されちゃうかも知れないですしね(^^)

 

ただの仲のいい異性と
出かける場合なんかは、
誤解されないように
事前に連絡を取って

『浴衣を着て行こうよ!』などと
合わせて行くのも良いですね。

 

異性だからといって、
恋愛感情があるとは限らないです。
仲が良いからこそ
気を遣わない楽な関係もあるものです。

余談ですが、
私は女友達よりも男友達の方が多いので
変に誤解されることもなかったのですが(笑)

それでも、
やっぱり、浴衣を着ることによって
変に誤解されたくない場合は
無難に
私服で行くのがいいかもしれませんね。

どちらにせよ、
深く考えすぎると
せっかくの楽しいイベントも
楽しめなくなっちゃうので、
ラフな考えでいいのではないでしょうか?

どうしても、
浴衣を着たい!と思う人もいますよね?
そんな時は
異性に連絡して
甚平か浴衣を着て行こう!など
あらかじめ、
『私は浴衣を着ます!』宣言を
するのもいいかもしれません(^^)

 

 

スポンサードリンク

 

花火で浴衣を着るときの注意すべき点は?

 

花火で浴衣を着るなら
注意すべきことがあります!
まあ、当たり前のことなんですが。

花火と言っても、
手持ち花火や打ち上げ花火など
色々な種類を楽しめますよね!
浴衣を着て花火をする際には、
注意点はいくつかあります。

 

普通に花火をして楽しむ場合、

やはり、
火を扱う遊びになるので、
火傷や火事には
十分気を付けないといけません。

子供ではないので、
分かっているとは思いますが、
出来るだけ広い場所、
花火をしても大丈夫な広場など
ルールをきちんと守りながら遊んで下さいね!

私服でも気を付けないといけませんが、
浴衣だと私服よりも袖が長いので
火が飛び移っちゃう場合も
無きにしもあらず!というか、注意です!

袖(そで)や裾(すそ)は
必ず、くくったり、
ヒモで結んだり対策はしましょう(^^)

燃えたりすると、
せっかくの楽しい思い出が
台無しになっちゃいます。

 

花火大会などで花火を観て楽しむ場合

花火大会に行く場合は

花火をする場所に向かう時に、
電車やバスなどの
公共機関を利用する人もいますよね。

ただでさえ、人が多い時期。
ましてや、浴衣を着て行くとなると
動きにくく、着崩れしやすいです。

下手に自分で直すと
余計に崩れちゃうこともあるので
細心の注意を払いながら利用して下さい!

おしとやかにね!(^^)

 

 

花火での浴衣のまとめ

 

いかかでしたでしょうか?

少しでも、『なるほど!』と
思えることがあれば、
ぜひ、実践してみてください(^^)

せっかくの楽しい行事なので、
あまり深く考えずに
楽しい思い出の1ページを作ってくださいね^ ^

 

スポンサーリンク