スポンサードリンク

 

妊娠したことを
我が子に教えていないのに
知っていたり、

ママ本人が、
気付いていない時に
妊娠兆候を予知する子が多いと
聞いたことはありませんか?(^^)

それはそうと、
2人目の妊娠がわかると、
嬉しい反面、不安なことも増えますよね。

それは、
上の子の赤ちゃん返りなど
ではないでしょうか?

そこで、
2人目の妊娠をきっかけに
上の子の変化やその後の不安などを
経験談を元にご紹介します(^^)

 

 

スポンサーリンク

 

2人目の妊娠の兆候を上の子が予知することって、あるの?

 

 

2人目
妊娠兆候上の子が予知!
すごい!
うちの子は、超能力者?!

なんて思ったりするママも
いらっしゃるようですが、
子供のパワーは無限大なので。。。。。

妊娠や出産は、
女性にしか経験できないことなので、
なんだか、神秘的ですよね!

妊娠、出産を経て、
現在子育て奮闘中のママさんだと、
なかには、
2人目の妊娠に
初めのうちは気付かない人も居ます。

実際に私の姉がそうでした(笑)

 

姉の場合

姉が、
3人目の妊娠の時なのですが
その当時、
1人目の子が5歳で、
2人目が2歳。

ある日、突然、
5歳の娘が
「ママのお腹に赤ちゃんがいる〜!」
と言ったんですって!

姉は、その時は、
なんとも思わなかったみたいなのですが、
その後、その言葉が気になり、
妊娠検査薬を買って、
使ってみたところなんと陽性反応が!

次の日に、
病院へ行って、
妊娠がわかったという出来事がありました(^^)

スゴイ!

しかも、

なんと!
その頃にはもう6ヶ月になっていて、
もう少し遅ければ
分娩予約が取れていなかった!
かもしれない状態だったのです。

気が付かなかった姉も姉ですが、
子供って、
時に大事なことを教えてくれるので
そういう点でも、
なんとも言えない神秘を感じますよね。

実は、小さな子供には、
他にも予知、前兆と言われる行為があり、

私の娘の場合

ある時期から、
股のぞき」を
頻繁にするようになりました。

正直、
私は
何も深く考えていなかったのですが、

ある日、

私の母が家に来ていた時に
娘が「股のぞき」をしているのを見て、

あれをするってことは、
2人目がお腹にいるのでは?
ということになり、

妊娠検査薬で検査してみたら、
なんと!
2人目の妊娠が発覚したのです!

その当時、
私が、なぜ、
妊娠に素早く気がつけなかったというと、
娘が卒乳して、
2ヶ月ほどしか経っていなくて、
まだ、月経が始まっていなかったのです。

要するに、
生理がなくても、
なんらおかしくない状況だったので、
気付かなかったのです。

 

友人の場合

他にも、
私の友人が実際に経験したのが、
妊娠に気づいていなかった時に、

最近、甥っ子に無性に甘えられる
と言っていたのです。

それを聞いた別の友人が
「妊娠しているんじゃないの?」と
言い出したので、

半信半疑ながら、
妊娠検査薬をしたら、
本当に妊娠していた!
という事がありました。

その友人に、
なぜ分かったのかを聞いてみると、
大好きな叔母さんを取られると思い、
甘えてきているということなのよ
と言っていました。

子供がまだ小さく言葉を
はっきり喋れない時は、
こうして、
行動で示してくれているのですね。

ちなみに

私の場合、

2人目の妊娠で

上の子は過剰に反応していました。

断乳の時期と重なっていただけに、
何かとストレスが溜まっていたのか
2人目が生まれる前から
赤ちゃん返りしていました。

それに魔のイヤイヤ期到来で、
何でもかんでも、
イヤイヤ言っていましたね。

つわりの時期のイヤイヤ期は
たまらなく、しんどかったのを
今でも覚えています(笑)

他にも、
上の子が、突然、
私、お姉ちゃんになる!」と宣言したり、

お子様によって、
様々な予知をしてくれるみたいですよ。
やはり、子供って不思議で可愛いですね(^^)

 

 

スポンサードリンク

 

 

2人目の妊娠で上の子の変化が心配!赤ちゃん返りしたらどうしよう!

 

2人目妊娠
上の子変化が起きる!
これは、
なんとなく、わかる気がしますね。

上記でも軽く言いましたが、
赤ちゃん返りすることは
おかしいことではないのです。

それに、
あまり年齢差がない場合は
特に赤ちゃん返りするみたいです。

例えば、
年子だったり、
2、3歳しか空いていない場合です。

今まで、
独占状態だったママやパパを
取られた感覚になるのでしょうね。
これって、
その気持ち、わかりますよね。

上の子が、ある程度、歳が離れていて、
会話ができるぐらい大きい場合は
コトバで伝え、理解しようとするので、

2人目の出産をキッカケに
ママが思っている以上に、
お兄ちゃん、お姉ちゃんに成長してくれ、
ママの
助けになってくれることもあります。

私の母がよく言っていたのですが、
2人目が生まれて、
間もないうちは
上の子を可愛がってあげなさい!
と言っていました。

根気よく、
「妹だよ」や、「弟だよ」と伝え、
今まで以上にかまってあげると、

どれだけ小さくても、
分かってくれるので、
拒否反応を
示さなくなると言っていました。

そうこうしているうちに
2人目(男の子)が産まれ、
実際どうなったかというと、

退院した初日は
上の子がずっと泣いていました。
ちなみに上の子は2歳です。

「なんで、
コイツが私の家にいるの?!」
って感じでしたね(笑)

夜寝て、朝起きても、
家にいる弟への
拒絶反応が凄かったです。

それに、
無理やり、断乳したのに
普通に、おっぱいを飲む弟が
余計に嫌だったのだと思います。

それに
4月から保育園に通い始めたばかり
だったこともあり
娘にとっては、
何かとタイミングが悪かったのです。

初日で、
私の精神状態は崩壊しかけました。

私が、
「おいで」と言っても、
「イヤ!」の一点張り。
想像以上に大変でした。

そんな状況が
1週間続いたある時に
私の母が
上の子にも(おっぱい)飲ませてみたら?
と言って来て、初めは悩みました。

やっとの思いで、
断乳したのに、
また飲ませたら、
やめ時が
分からないと思ったからです。

ですが、
この状況を乗り越えられるならと
目先のラクを取ってしまいました。

案の定、片乳に上の子、
片乳に下の子で
1ヶ月間授乳していました(笑)

ですが、
この事がキッカケで、
上の子(娘)が、弟に
大分歩み寄ってくれたのです!

徐々に理解してくれて、
今では息子が泣いていると
トントンしてくれます!

おまけに、
おっぱいも自然と飲まなくなり、
卒乳にも成功しました!

上の子の年齢や
その時の状況によって
なにかと大変なことはあると思いますが、
このヤマを越えれたら
ラクになれますし、
毎日、賑やかで楽しく、
充実した日々を送れます(^^)

良くも悪くも変化しますが、
必ずいい方向に向かっています。

はじめのうちは
何かと大変な事が多いので、
パパやお母さんなど協力してもらいながら
子育てしましょうね!
頑張りすぎは禁物です。

何と言っても、
ママの体調管理も大事ですよ!

 

 

2人目の妊娠のまとめ

 

2人目の妊娠中に
上の子が劇的に成長してくれたり、
予知や兆候を示してくれたりと
不思議で楽しい時間を過ごせるのも
良いものです。

1人目の出産と育児とは
また、違った悩みや大変さがありますが、
それも、いつかは
笑い話に変わる時が必ず来ます(^^)

それに兄弟がいるからこそ、
学べることもたくさんありますよ!
子供と一緒にママも成長していくものです。
あまり頑張りすぎず、
手を抜けるところは
手を抜いて育児に励みましょうね!

スポンサーリンク